今から30年前にはオートマ車は当然ありましたが、まだミッション車も当然のごとく走っていました。

しかし、現在はオートマ車の方の需要が多くなり残念ですが、スポーツカーを含め、ミッション車の影は薄くなってしまいました。

そんなミッション車ですが、今回は

  • 免許を取得しようと考えている方
  • これから車の購入を考えている方
  • 昔に車で楽しんできた方

などに、なぜミッション車が減ってきたのかなど語っていきたいと思います。

また、ミッション車に興味があって、ぜひ運転してみたい方たちに、おすすめの車なども紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

なぜミッション車が少なくなってしまったのかという原因を追究

ここからはなぜミッション車が少なくなってきたのか、ナゾを解くために色々と探っていきたいと思います!

なぜマニュアル(ミッション)車が少なってきたのか?

そもそもなぜ、この様な状況になってきたのでしょうか?その状況を暴いて考えていく必要があるでしょう。

運転を純粋に楽しみたい人
ミッション車を必要としている人たちはどういう人たちなのかというと、マニアックなドライビングを求めて楽しむ人たちがあげられます。

詳しく説明すると、

  • ギアを路面の状態や速度に応じてチェンジしたり
  • 微妙なクラッチ操作をしたり

そういった操作をして、自分の腕で走りを楽しむことで、オートマ車のようなアクセルとブレーキを踏むだけの走りでは楽しくないという人たちです。

車を自分好みにチューンナップしたい人
次にあげられるのが、自分でチューンナップする方たちです。

オートマ車よりミッション車の方が手に入れ甲斐があります。

私もミッション派でスポーツカーを乗っていたので、その気持ちがよくわかります。

減ってきたメーカーによるミッション車の開発

このように見ても、ミッション車を必要とする人たちは限られてくるとというのがわかりますよね。

よって、メーカーもオートマ車の生産が多くなっていき、ミッション車の開発も少なっていきました。

当然ですがメーカーも利益優先なので、仕方が無いえば仕方が無いですね((+_+))

そもそもはオートマ車の需要が増えたのが原因!

現在は、オートマ車の需要が圧倒的に多くなりました。

最近の車の使用用途は昔とちょっと違ってきていて

  • 家庭で子どもさんの送り迎え
  • 近くに買い物などで奥さんが車を運転する
  • 高齢者の方の需要も増えてきている

といった風に、車をお手軽に運転したいという人が増えてきたことにあります。

そこで、ミッション車だと問題になってくるのが、操作で困難になってくる坂道発進などのエンストなどです。

しかし、オートマ車では、よほど下手でない限り普通に運転する事ができます。

ギアチェンジすることもなく交通ルールさえ守っておけば、誰でも運転できるようになってきました。

現在ではミッション車を運転出来る運転免許を持っている方の方が少なくなってきましたもんね。

オートマ車の重要が増えてきた原因としては、そういったお手軽さになると思います。

ミッションがなくなってきたのは時代の流れ

色々と忙しいこのご時世、各ご家庭の生活環境におかれた車を必要とする理由が、以前と全く違ってきています。

よって、ミッション車のテクニックを駆使したい方にはよくても、そうではないドライバーにとってミッション車は不便で乗りにくいのです。

私にとっては非常に残念ですが、この様な事情から『お手軽で便利なオートマ車』が増えていき、面倒なミッション車が減っていくのも自然のことだったといえるようです!

昔の様なスポーツカーが流行った時代が懐かしいです!

スポンサードリンク

初めての方にもおすすめ出来る!ミッション車の紹介!【軽自動車編】

ここ最近ではオートマ限定の人も増えていますが、まだミッション車の需要もまだまだあります。

そこで初心者でもおすすめできる、軽自動車のミッション車を紹介していきます。

アルトやミラなどの背の低いボンネットセダン
割と年配の方に人気のタイプです。

体格の大きい人にはやや狭いと思うかもしれません。

このタイプは車重が軽いので燃費がいいし、NA(ノンターボ車)でもそれなりには走ってくれます。

このタイプのターボ車はありますが、現在の現実的な選択肢は

  • ラパンSS
  • Keiワークス

くらいですね。

コペンやS660みたいなスポーツタイプ
これら車種は軽自動車の中でも、本格時的な『趣味の車』になります。

しかも2シーターで価格もそれなりにするので、完全に実用性重視というよりも趣味向けです。

軽自動車でスポーツカーが欲しい方にはおすすめです。

ワゴンRやムーヴみたいなトールワゴン系
これらの車種は割と広いので背が高い人でも余裕はあるかと思います。

このタイプにはミッションターボ車の選択肢があります。

現行もありますが、少し古い年式もターボ車があるので、探してみるのも良いかもしれません。

ジムニーやパジェロミニの本格4WD
ジムニーやジェロミニは中古市場がすごく高いので、お手頃な価格で状態がよいものを探すのは意外と大変です。

しかし、この車は何と言っても、砂浜などの走破性が抜群なんですよね。

無茶は禁物ですが、アルトなんかじゃ通れない道を平気で通れるということは魅力です!



近所の車屋さんにマニュアル車がないときには、こういったサービスを使うのもオススメですよ^^b

車からミッションが消える?のまとめ

いかがでしたか?

なぜ、ミッション車は少なくなったのかなど、簡単にわかりやすく説明させていただきました。

これから免許を取られる方やこれから車を購入される方などに、少しでも参考になれば幸いです!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク