ベースメイクのやり方!大学生におすすめ初めてメイクのキホンとは?

今年の春から大学生になる皆さん、この機会にメイクデビューしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
お洒落で可愛い女子大生には憧れますよね。
そういう子たちは、自分を可愛く見せるメイクを知っているものです。

逆にメイクを覚えれば、だれでも可愛い憧れの大学生に近づくことができます。
でもメイク初心者にとっては、はじめは何から揃えてどうしたらよいのか分からないですよね。
そんな皆さんのために本記事では基本のベースメイクのやり方について紹介します。

ベースメイクの基本は以下のステップになります。

①化粧下地
下地には肌全体の凹凸を均一にし、ファンデーションの乗りを良くする効果があります。
また、メイクコスメや紫外線から肌を守る他、肌の色を補正する役割もあります。

使い方ですが、顔全体にムラのないように塗りましょう。
ニキビなど気になる箇所だけ厚塗りにすると、不自然な仕上がりになります。
「全体にムラなく!」が重要です。

透明感を出したい時はパープルやピンク、赤みが気になる時はイエローやグリーン系のものを使用すると良いでしょう。

②ファンデーション
続いてファンデーションですが、ファンデーションにはリキッドタイプとパウダータイプがあります。
初心者の方に比較的使いやすいのは、パウダータイプです。
ファンデーションを選ぶ上で重要なのは、自分の肌に合った色を選ぶことです。

白すぎても濃すぎても浮いてしまいます。
プロの販売員の方に自分に合った色を選んで貰うのが一番安心ですが、難しい場合は自分の首の色と同じ色を選べば浮いたりすることはないでしょう。

塗り方ですが、まずは頬の内側から外側に向けて塗り拡げるように塗っていきます。
そして皮脂の出やすい「おでこや鼻のTゾーン」は残ったパウダーを滑らせる程度に塗ります。

小鼻が毛穴が気になる箇所は、ファンデーションを肌に密着させるような感じで、スポンジの角でポンポンと叩くようになじませていくときれいに仕上がります。
ベースメイクの後はチークやアイシャドウ、マスカラやアイブロウなど、ポイントメイクで仕上げていきましょう。

スポンサードリンク

ベースメイクの順番を確認!日焼け止めの正解は先?後?

肌を紫外線から守る日焼け止め。
夏だけでなく肌は常に紫外線の影響を受けているため、一年を通して日焼け止めを塗ると良いとされています。
しかしメイクをするときに日焼け止めは、どのタイミングで塗るのが良いのでしょうか?

結論から言うと、日焼け止めは「メイクの一番下」です。
「洗顔→化粧水→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション」の順番となります。

化粧下地には、ファンデーションを肌に密着させて持ちを良くしたり、メイクを崩れにくくする役割があります。
下地を塗ったあとに日焼け止めを塗ってしまうと、下地の効果が薄れてしまうため、下地の前に日焼け止めを使用しましょう。

中には日焼け止め効果のある化粧下地もありますので、そういうタイプのものを使用する際は、日常使用であれば化粧下地のみでも問題ありませんよ。


スポンサードリンク

ベースメイクのランキング!プチプラコスメから始めてみよう!

ベースメイクのやり方は分かったものの。
コスメの種類がたくさんありすぎて、何から揃えていいかわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで、初めてメイクにチャレンジする人でも揃えやすい、プチプラコスメを紹介したいと思います。

化粧下地

■CEZANNE(セザンヌ) 皮脂テカリ防止下地
  • SPF28
  • PA++
  • 30ml
セザンヌ売上No.1の化粧下地です。
皮脂によるテカリも、乾燥によるメイク崩れにも対応してくれるので、美しい肌が長持ちする期待大ですね。
また、皮脂や汗にも対応したウォータープルーフ仕様で、UVカット効果も期待できます。
それでこの価格はすごい!
【CEZANNE(セザンヌ) 皮脂テカリ防止下地】を楽天市場で見てみる

■SUGAO(スガオ) シルク感カラーベース

  • SPF20
  • PA+++
  • 20ml
シルクのようにサラサラした質感に仕上げてくれる化粧下地です。
テカリを抑える皮脂吸着パウダーが、サラサラな肌をキープしてくれます。
また、ソフトフォーカスパウダーが光をあらゆる方向に反射させ、毛穴をふんわりとぼかして透明感ある肌にしてくれる効果が期待できます。

これを使えば、イメージキャラクターの橋本環奈さんのような、素肌感のあるふんわりマシュマロ肌になれる・・・かもしれませんよね!
【SUGAO(スガオ) シルク感カラーベース】を楽天市場で見てみる

ファンデーション

■CEZANNE(セザンヌ) UVファンデーション EXプレミアム
  • SPF31
  • PA+++
粉っぽくならず透明感のある仕上がりと、キープ力の強さでセザンヌの中でも人気が高いファンデーション。
皮脂を吸収する成分とうるおい成分も配合されており、化粧崩れの原因となる乾燥と皮脂を防止してくれる効果が期待できますね。
【CEZANNE(セザンヌ) UVファンデーション EXプレミアム】を楽天市場で見てみる

■CANMAKE(キャンメイク) マシュマロフィニッシュファンデーション

  • SPF50
  • PA+++
プチプラコスメで有名なCANMAKEで、マシュマロのようなふわふわなマットな肌に仕上がると大人気のファンデーション。
毛穴やテカリもふんわりとカバーし、素肌感のある軽い仕上がりです。
また、肌に優しく洗顔のみで簡単に落とすことができますよ。

コンパクトで持ち運びに便利なのも嬉しいですね。
【CANMAKE(キャンメイク) マシュマロフィニッシュファンデーション】を楽天市場で見てみる

上記で紹介したコスメは実力も確かで、価格も1,000円以下でお財布に優しいものばかり。
気になったものがあれば、気軽に試してみてくださいね。

ベースメイクのやり方!のまとめ

基本的なベースメイクのやり方、プチプラコスメを紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか。

メイクは一見難しそうですが、楽しむことでどんどん上達していきます。
新たな生活の始まりとともに、メイクで新たな自分に変身して、楽しい大学生活を送ってくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント