台風での自転車の転倒防止の方法は?前もって倒して置くべき?

台風が来るという予報が出たら、家の外に置いてあるものが気になりますよね。

一人で持ち運べるようなもの

  • 植木鉢
  • スリッパ
  • 園芸用品
などは、ささっと室内に持って入れますが、自転車などのすぐに安全なところに避難できないものはどうしようか迷ってしまいます。

私の家には電動自転車があって、購入してからしばらくは強風でも倒れることなくすごせていたので、“台風時に避難させる物リスト”には入っていませんでした。

しかし、数年前の台風のときにサイクルカバーが風に煽られ、その勢いで倒れてしまいました。

ガシャーン!とすごい音がして恐る恐る外を確認して、とてもびっくりしました。

幸い、自転車は壊れなかったのでほっとしたのですが、その後は台風のたびに大丈夫かとヒヤヒヤしています。

電動自転車は電気の線があるので、防水のためにサイクルカバーを外れないように付けて対策をした方が良い場合があるのですが、普通の自転車であれば、浸水対策はそこまで重要ではないと思います

しかし、電動自転車よりも軽い普通の自転車であれば、転倒対策は必要です。

自転車が倒れたり飛ばされないようにするためには、室内(玄関など)に持って入るのが一番良いです。

でも、玄関にスペースがなかったり、玄関に至るまでが大変だったり(我が家は玄関前に数段の階段があります)して、家の中に避難させるのが難しい人は多いと思います。

その場合、転倒防止の一番の策は、「あらかじめ倒しておく」ということです。

こうしておけば、風に煽られてガッシャーン!とはなりませんよね。

その他の台風や災害への対策について知りたい方は「台風対策・防災対策情報のまとめ」を参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

台風の時に自転車はどう固定すればいい?

あらかじめ倒しておけば、それだけで良いのかと言うと、そうではありません。

倒れた自転車が、そのまま台風の強風で飛ばされてしまう可能性もあります。

なので、自転車が飛ばされないようにするには、固定をすることが重要です。

柱やフェンスなどに、チェーンでくくりつけておきましょう。

こうすると、自転車が飛ばされてしまう心配はありません。

ただし、くくりつけた柱やフェンスも一緒に破損してしまう場合があるので、できるだけしっかりしたものにくくりつけるようにしましょう。

さらにきちんと固定するということであれば、サイクルポートがオススメです。

前輪をはめこんで固定するようなものもあるので、お庭に手を入れることがあれば台風対策をするという観点も含めてサイクルポートのプランを練ってみても良いかもしれませんね。

ちなみに、固定するときはサイクルカバーは、外しておいた方が良いと思います。

前述しましたが、私の電動自転車はサイクルカバーをかけていたせいで風を受けて倒れてしまいました。

さらに、サイクルカバーも一枚、飛ばされてしまいました。

結局、サイクルカバーはお隣のおうちとの間の狭い通路で見つかったのですが、これが風で巻き上げられてどこかに飛んで行ってしまったら大変なことになっていたと思います。

電動自転車などで、どうしてもサイクルカバーをかけておきたい場合であれば、できるだけ風を受けにくいように紐などできつく結びつけておきましょう。

そうでない場合は、サイクルカバーは家の中で保管するようにしてください。


スポンサードリンク

台風で自転車が壊れたとき!保険で補償してくれるものなんてあるの?

自転車が倒れてしまった場合、台風がおさまってから異常がないかのチェックをしてください(特にブレーキ周り)。

もしどこかに異常を感じたら、必ず修理をしましょう。

壊れた箇所によっては、修理費用がかさむ場合があります。

電動自転車の場合だと、バッテリーや手元のスイッチが壊れたときは数万円の修理費用が発生してしまいます。

このような被害があった場合に効いてくる保険は、「火災保険」です。

“火災”というので、火事だけかな?と思いがちですが、「風災」「水災」「落雷」の補償が基本内容に含まれている場合が多いようです。

火災保険は、補償範囲を「建物」か「家財」かを選択することができます(両方も可)。

  • 「建物」の場合は、建物のそのものや、敷地内にある物置などが対象です。
  • 「家財」の場合は、家具・家電など敷地内にあるものが対象です。
  • 自転車が敷地内に置いて有る場合は「家財」にあたるので、補償の範囲内になります。
ご自身が加入している火災保険を今一度見ていただいて、補償されるのかどうかを確認してみましょう。

自転車の転倒防止のポイントは?のまとめ

台風のときの自転車の転倒防止について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきましょう。

★台風のときの自転車の転倒防止のおさらい
  • 一番の台風対策は、家の中に持って入ることです。
  • 家の中への持ち込みが無理なら、あらかじめ倒しておくと良いです。
  • 倒すだけであれば飛ばされる可能性があるので、柱などに固定しておくと良いでしょう。
  • サイクルカバーは、風を受けやすいので外しておきましょう。
  • 台風対策を念頭に置いたサイクルポートの建設もおすすめです。
  • 台風によって自転車が壊れてしまった場合は、条件にもよりますが、火災保険で補償してもらえることがあります。

その他の台風や災害への対策について知りたい方は「台風対策・防災対策情報のまとめ」を参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント