子供とかかわるバイトは難しい!?接し方のポイント

この記事は約4分で読めます。

子供が訪れるところで、アルバイトをしている皆さん。バイト中に、子供への対応で困ってしまうことってありますよね。

「店の中を縦横無尽に走り回ったり」
「キャーキャーワーワー騒いだり」

色々と、困ったことが発生してしまいます。

でも子供からすると、湧き出るエネルギーを発散したいだけ。楽しく遊びたいだけ。

その場所が、たまたま親に連れてこられた場所であるだけで、子供が悪いわけではないのかもしれません。

そこで今回は、そんな子供との接し方ってどの様にすればいいか、そのポイントを詳しく見ていきたいと思います。

あなたのバイト時間が、トラブルなく平穏に過ぎるための参考にされてみてくださいね!

スポンサードリンク

どんな場合に子供に対応したらいい?

基本的には、バイト先に子供が来ても、全ての面倒を見なくてはいけない事はないでしょう。

相手をしなくてもいいケースは、次の通りです。

ショッピングモールやスーパーの場合

スーパーやショッピングのモールの様な売り場では、広すぎて子供に目を配ることは出来ません。

ご家族にとっても子連れの買い物は重荷ですが、子供の面倒はご家族に任せるべきです。

そのため、スーパーなどには、子供用のカートなどがあるのですから。

ホームセンターの場合

ホームセンターに関しても売り場が広いので、いくら買い物がしづらいといっても、子供を預かるわけにはいかないですよね。

なので、ご家族に面倒を見てもらうようにしましょう。

しかし、売り場が広く迷子も発生しやすいので、小さなお子さんがいる場合には、気にかける様にはしておきたいですね。

上記のように、基本的には、子供が好き勝手な行動をしないように見張る役目は「その子供の親御さん」にありますから。

なので、親御さんに任せるのが一番です。

そもそもが、接客があるようなアルバイトにも、仕事内容の中に「子供のお世話」があるなどと書かれているようなところは、ありませんからね。

子供と接する必要がある時は?

子供と接する必要がある場合で一番考えられるのは、洋服を買う時ではないでしょうか。

お子さんがいては試着もままならず、思うように動けない。そんなお客様がいた時には、アルバイトとして服を買ってもらうために、子供の相手をする必要があるでしょう。


スポンサードリンク

子供との接し方のポイントは?

では、アルバイト中に子供の相手をしなくてはいけなくなったとき、どのように相手をすればいいのか、ご紹介していきますね。

アルバイトでの赤ちゃんとの接し方

子供が、まだ赤ちゃんだった場合には、他人であるあなたが抱くわけにもいかないでしょう。

ベビーカーなどにのせられている時には、ママが買い物しているときに、バイトのあなたがあやしてあげるケースもあるかもしれません。

でもほとんどの場合は、赤ちゃんをあずけられるようなことはありません。

あったとしても、寝ているような状態でしょうから、そっとしておくのが良いでしょうね。

アルバイトでの1歳や2歳ぐらいの子供との接し方

子供が、1歳や2歳ぐらいの場合には、さすがにまだ一緒に遊ぶには意思疎通が難しい時期なので、子供と一緒に遊ぼうと思わず接しましょう。

「子供が、自分の好きなように遊んでいるのを見てあげる」といったスタンスでいるのが適切でしょう。

平気で危ないことをする危険性がある年頃なので、それだけには気をつけて、出来るだけ目を光らせておきましょう。

アルバイトでの幼稚園くらいの子供との接し方

子供が、幼稚園児ぐらいの場合。この頃の子供は、知らない人にでもすぐに打ち解けて遊んでしまう子が多い年頃です。

一番元気で、子供らしさがあふれている年頃になりますから、アルバイトをしているあなたも快く元気に一緒に遊んであげてください!

アルバイトしている先に、子供を遊ばせるためのおもちゃや絵本などがあるのであれば、子供に好みのおもちゃや絵本を聞いてあげて

  • おもちゃで一緒に遊んだり
  • 絵本を読んであげたり
してあげるのもいいでしょう。

ただし、お子さんが暴れたり騒いだりしないように、決められた場所で遊ぶように、優しく言い聞かせてあげるのも大事です。

バイトで子供と関わるときの対応って難しい!のまとめ

どんな場合に子供に対応したらいい?」

「子供と接する必要がある時は?」
「子供との接し方のポイント」

ということについて見てきましたが、いかがでしたか?

子供と接すると言っても、アルバイトをしている場所などを考慮に入れると、やはり子供の親御さんに任せることの方が多いと思います。

けれど、そんな中でも、アルバイトとしてお子さんと接する場面が出てくる場合もあるでしょう。

なので、子供の年齢別の接し方を参考に、お子様に対しての接客方法を身につけるきっかけにしてみてください。

きっと、あなたの人生でいろいろと役に立つときがあるはずですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント