子供が折りたたみ自転車に乗るのは危険?その理由は?

この記事は約5分で読めます。

子どもの自転車の買い替えのタイミング。

今まで乗っていた自転車よりも急にサイズが大きくなるように感じませんか?

そして、サイズの小さい自転車は玄関先などに保管できていました。

ところが、18インチ、22インチなどになるともう大人とあまり変わらない大きさになり、保管する場所に困りますよね。

そんな時に便利なのが「折りたたみ式自転車」です。

しかし、小学生などが使っても安全なのでしょうか。

また、子ども一人で折りたたみ自転車を扱うことができるのでしょうか。

見た目がかっこいいので、子どもが気に入れば購入してもいいかもしれませんね。

でも、その前に折りたたみ自転車のメリット、デメリットを確認しておきましょう。

とくに、子どもが乗る場合は大人と違って扱いが大変です。

そのあたりも気にしてあげたいですね。

スポンサードリンク

子供に折りたたみ自転車を与える場合のおすすめの適齢期は?

身長は140センチ以上はほしいところです。

サイズ展開は、16インチ、20インチくらいからあります。

なので、小学校中学年あたりの子どもが乗る自転車のタイヤサイズとしては十分。

折りたたみ自転車は、タイヤサイズから考えると小学校中学年くらいになると乗れるサイズであることは間違いないですね。

ただ、子どもに折りたたみ自転車を運転させるにはいくつかの注意が必要です。

子どもへの折りたたみ自転車①成人サイズの設定なので「イスが高い」

タイヤサイズは20インチであっても、大人が乗ることを前提として作られているため、サドルの位置が高いです。

自転車のフレームが大人サイズとなっているためです。

そのため、サドルを一番下まで下げたとしても身長が140センチ以下だと足がつかない場合があります。

子どもへの折りたたみ自転車②成人サイズの設定なので「ハンドルが高い」

イスと同じ理由で、大人サイズのため、サドルからハンドルの距離が子供用の20インチに比べて遠いです。

距離が遠いと手が届きにくくなります。

そうなると、ブレーキも握るのが難しくなります。

腕をピン!と伸ばした状態で運転するので、ハンドルを扱う可動範囲に余裕がない場合があります。

さらに、折りたたみ自転車はハンドルの位置を調整できるものが少ないです。

子どもへの折りたたみ自転車③タイヤが小さいとなかなか進まないものが多い

折りたたみ自転車は、車輪が小さいものが多いのでひとこぎで進む距離が短くなります。

タイヤが大きいとひとこぎの進み具合が大きくなります。

タイヤが小さいと坂道の上りや、普通の道でも大きいタイヤの自転車よりもペダルを漕ぐ力も必要になります。

小学校高学年くらいになると、24インチ、26インチくらいを乗るようになります。

お友達と出かけるときに、みんなはスイスイ進んで行く道も折りたたみ自転車だと、足にかかる負荷は大きくなります。

なので、少ししんどいかもしれませんね。


スポンサードリンク

折りたたみ自転車を子供と大人で兼用する時の注意点!

折りたたみ自転車であれば、子どもが乗らない時でも大人も使うことができますね。

ここからは、折りたたみ自転車のメリットをお話します。

折りたたみ自転車のメリット

1.行動範囲が広がる

折りたためるので、電車や車で運ぶこともできます。

自転車だけでは、移動範囲は限定されます。

ですが、電車や車で移動して、その先では自転車で移動するということもできます。

2.家の中でも保管できる

コンパクトになるので、玄関先で保管することも可能です。

盗難防止や、雨に濡れることを防ぐことができます。

3.デザイン、見た目がかっこいい

やはり、デザインが豊富で見た目がかっこいいですね。

色の展開などもたくさんあるので、選ぶのも楽しいです。

子どもと一緒に折りたたみ自転車を使うときの注意点

最初にもお話したように、折りたたみ自転車の対象年齢は身長の大きい子であれば中学年あたりからでしょう。

平均的には高学年からなら乗ることができます。

体格的には、問題なくても風の強い日は注意が必要です。

折りたたみ自転車の構造からあおりを受けやすくなるためです。

また、かごやライトが付いていないことが多いです。

必要に応じて取り付けてあげましょう。

折りたたみ自転車は、通常の自転車よりもサドルが小さく作られています。

そのため、長時間乗っているとおしりが痛くなることがあります。

長距離乗って移動する場合は、気を付けましょう。

子供と折りたたみ自転車のまとめ

子どもが折りたたみ自転車に乗るのは安全なの?ということについて見てきました。

いかがだったでしょうか?

おしゃれで保管スペースも狭くて済む「折りたたみ自転車」です。

しかし、子どもに使わせるのには注意が必要ですね。

ある程度成長して、大人と変わらない体形になった子どもは乗りこなせそうです。

でも、まだ低学年、中学年の子どもには子ども用の自転車を与えたほうが無難です。

高学年くらいになると、身長も大人と変わらないくらいの子どもも多いですね。

なので、ちょっとした移動に使うための自転車であれば折りたたみ自転車でも十分でしょう。

いつまでたっても、子どもが自転車に乗る時は事故などが心配です。

ですので、安全にルールを守れる最低限の段取りは親がしてあげたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント