パートと正社員の違いって何?社員並みの仕事量は普通なの?

この記事は約6分で読めます。

パートとして働いてると、理不尽に感じることってありますよね。

その最たるものの一つが「仕事の内容」です。

社員に比べて、圧倒的に安い給料で働いていて、福利厚生だって全然違うのに。

それなのに、社員と全く同じような仕事をさせられたり、下手をすると社員以上の仕事量をさせられるような、そんな職場も少なくないですもんね。

では実際に「パートと正社員の仕事の違い」はないんでしょうか?

その答えは「正社員とパートに仕事の違いはない」ということになります。

そこでこの記事では

  • そもそもパートと社員って仕事に違いがない理由は?
  • 給料は安いのに社員並みの仕事をしてるのって理不尽?
っていうことについて、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク
  

パートと社員って仕事の違いはないって本当?その理由は?

一般的に、パートは社員よりも給料は安いし、福利厚生もちゃんとしてもらえていないことが多いですよね。

っていうか、社員よりも給料をたくさんもらってる「スーパーパート」なんて聞いたこともないし、そんな人がいるのかも定かじゃないですけど。

そんな風に、社員よりも低待遇で働いてるパートと、パートよりもいいお給料で福利厚生もちゃんとしてもらってる社員。

仕事内容って

「社員がやるべきこと」
「パートがやるべきこと」

みたいに、何か切り分け的なものってないんでしょうか?

パートってそもそも何?

「安い給料で、社員と同じように働かされてる」ってついつい思っちゃうけど、そもそも”パート”って何なんでしょう?

このパートっていうのは、パートタイムを省略して呼んでるもので、「短時間労働者」のことを指します。

その会社で正規の労働時間として決められてる時間よりも、短い日数・時間で働く雇用形態のことなんですね。

逆に正社員は「フルタイム」で、会社で定められてる雇用時間通りに働かなくちゃいけません。

例えば正社員の所定の雇用時間が

「週5日、1日8時間」

だったとしたら、パートは

「週3日、1日5時間」

っていう感じです。

パートの場合は、働く日数や時間の調整がしやすいので、主婦や学生が普段の空いてる時間を有効活用して働くのにとっても適した雇用形態なんですよね。

パートも仕事は社員と同じことをさせられるのは普通なの?

パートっていうのは、あくまでも「働く日や時間」が、会社の規定通りでなくても、ある程度自由がききやすい働き方っていうことです。

なので実は

  • パート契約だから、この仕事を
  • この仕事は社員にやってもらうべき
的な、仕事の切り分けっていうのはないんです。

なので、パートの場合は、仕事をする時間は社員の人より短くなるだけで、仕事内容は社員の人と同じであっても何か問題があったりする訳じゃないんですよね。

パートなのに社員以上に仕事をしてるのってどうなの?

パートと社員に仕事の違いはないとは言っても、例えば

  • 昼休み前に「〇〇さん、この仕事を急ぎでお願いしたいんだけど」って言われて、昼休み返上で仕事を頑張ってるのに、社員の人達は普通にお昼を食べに行ってたり
  • 頼まれた仕事が多くってバタバタしてるのに、社員の人はしょっちゅうタバコを吸いに行ってなかなか帰ってこない
なんてことがあると「私よりたくさんお給料もらってるのに、楽をして!」なんて思っちゃいまうよね。

  • 仕事内容も社員と同じようなことをさせられて、仕事量は社員の人以上にやってる。
  • なのに、パートっていうだけで安い給料で働かされて、時給もなかなか上がらない。
そんな風に考えてしまうと、とっても理不尽に感じちゃいますよね。

パートももっと大切にしてほしい

今の時代では、社員の人でもリストラがあったりして、決して安泰(あんたい)じゃないのはわかっているつもりです。

でも社員の人には

「パートはどうせ、いつか居なくなっちゃうんだから」

みたいな、

「せっかくお金を出してきてもらってるんだから、働いてもらわなきゃ損」

的な感じで、酷使しまくるのはどうなんでしょうね。

でもパートだって一人の人間です。

当然、感情だってありますよ。

忙しそうにアタフタしてるところに

「何か手伝えることがありますか?」

なんて言われたら、そりゃぁ嬉しいですよね。

急ぎの仕事を頼まれて何とか頑張って終わらせた後なんかに

「お疲れさま!ちょっと休憩してきてもいいよ^^」

のひと言でもあっていいんじゃないでしょうかね。

そんな風に私は思うわけですよ。


スポンサードリンク

パートと社員の違いって責任の違い?

社員とパートの違いという話になると、よく

「給料や福利厚生」

っていうのとは別に

「責任の違い」

っていう人がいますよね。

確かに、仕事でなにかトラブルがあった時に、最終的に責任をとるのは社員の人だったり、役付きの課長さんや部長さんだったりすることがありますよね。

まぁ役職がついてるような課長さんとか部長さんは、実際そういった「部下の尻ぬぐい」が仕事の1つでもあったりするんだろうけど。

でも、普通の社員の人たちって

「あんたは本当にそこまでちゃんと責任感持って仕事してる?」

って思わず突っ込みたくなる人もいないですか?

ちなみに私は、別に仕事をするときに「どうせパートだから」って思って、責任感もなく中途半端な仕事をしたりしていないですからね。

だからといって、じゃぁ何か私が失敗したりトラブった時に、一緒に働いてる一般社員の人が責任をとってくれるかっていうと、そんなこと今まで1度もなかったです。

なので、パートと社員の違いに何があるっていうときに

「仕事に対して責任があるかないかの違い」

って言われると、少しカチンときちゃう私がいます。

「おぃおぃ。それ違うんじゃない?」って喉まで出かかったことも何度もあります。

そんなとき、いまではネットでお仕事なんていうこともできる時代です。

こちらのクラウドワークスさんでは、パソコンやスマホでできるいろんなお仕事を募集しているので、覗いてみるだけでも

「何か自分にできそうなお仕事ないかなぁ」
「これなら私にもできそう」

なんてイメージしてみるだけでも楽しいですよ^^
■「日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイト!クラウドワークス」の詳しい情報を見てみる

パートと正社員の違いのまとめ

パートと社員、雇用形態の違いはあるけど、実際にやってる仕事に違いがない…っていうか。

パートの方が忙しいってどうなのよ?っていうことについて、ご紹介してきました。

同じように思っている人が、少しでも同感してくれると嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

  1. まつくらゆみこ より:

    同じく…フルタイムパートです!土日祝休みと言われ社員登用ありと、しかし契約書貰うとなんと、3年パート扱い、請求業務なので盆暮れ正月も無く土曜日、祝日も出勤!代休取るのも一苦労、毎日毎日仕事に追われプライベートも疲れ果て!有休も使えず不安定な収入!最悪の会社です、人の出入りも激しくそれぞれの部署で責任のなすりつけ合い…あるんだな~こんな会社