バジルを水耕栽培でおしゃれに育てたい!何を準備したらいい?

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

バジルを水耕栽培で育てたいときには、購入するものはいくつかあります。

ただ、「おしゃれに水耕栽培したい」となると、おしゃれな入れ物を買わないといけませんね。

おしゃれに、を除いて水耕栽培をしたいというだけなら

「ペットボトル」
「スポンジ」
「種」

さえあれば簡単にできちゃうのですが・・・

基本的には水耕栽培なら室内になるので、部屋のコーディネートなどこだわっている人はハーブ栽培もおしゃれにしたいものですよね。

ペットボトルじゃ・・・見栄えが(笑)

ですが、実はペットボトルで栽培するのが一番適した形なのですよ。機能面でも。

こちらの方のツイートを見てもらうとわかりますが。

ペットボトルを半分にカットして、それを逆さまにしてから入れることで、スポンジが飲み口にフィットして落っこちない仕組みになっています。

水は毎日交換しないといけないわけですが、上の部分を取り外して水を交換できるのでとても楽ちんです。

でも見栄えが悪いと・・・そんな時は、かわいい瀬戸物の植木鉢などの中に入れてしまえばペットボトルとばれずに栽培できますよ♪

瀬戸物の植木鉢に入れるのは見栄えだけじゃなく、もう1つメリットがあります。

水耕栽培をするとしても日の光がないと植物は育ちませんよね。ペットボトルで育てると透明なので、水の中にすぐ藻が繁殖するんです。

毎日水を交換していても、ペットボトルの周りがうっすら緑になっていてちょっと汚い印象になってしまいます。

だけど瀬戸物カバーをすることで、水の部分に日が当たらないから藻が繁殖しないんです。

日光は葉っぱの方に当たればいいので問題ありません。

あとはこんな商品もありますよ。

100均で揃えるよりは少し高くなってしまいますが、全部セットになっているし見た目もかわいいですよね。

スポンサードリンク

バジルを水耕栽培する時にメダカを一緒に入れる?メリットは?

バジルを水耕栽培する時にメダカも一緒に育てる方法があります。どんなメリットがあるのでしょうか。

バジルは夏の植物ですよね。そしてメダカの繁殖期も夏・・・勘のいい人はわかりましたか?

そう、バジルの根っこにメダカが卵を産み付けるということです。

別にバジルじゃなくてもよくて、観葉植物などでメダカと育てている人もいますし、水草を入れて卵を産ませているという人もいます。

ちなみに私はホテイ草と、ど定番すぎて恥ずかしいですが・・・

メダカは室内でも屋外でも育てられる魚です。

でも室内の場合は、水草でも観葉植物でも日光が当たらないと、枯れてしまったり溶けてしまったりします。

外の場合は何もしなくていいですが、室内なら照明を当てましょうね。

こちらの方は水槽でバジルを育てています。上に蛍光灯か何かで光を当てていてバジルが元気に育っています。

メダカの水槽に入れてしまえば毎日水を交換する必要もなくて楽ですよね。

根っこがたくさん増えてくると、メダカはその根っこに卵を産み付けるので一石二鳥です。

ちなみに室内のメダカは、水温が低かったり日が当たらないと卵を産みません。

照明を当てるのはバジルの為でもありますが、メダカのためでもあります。

バジルは葉っぱの部分しか食べないし、いくら卵がついていようが特に問題はありませんね。


スポンサードリンク

バジルの水耕栽培は100均アイテムで簡単に出来るの?

バジルの水耕栽培を始める時は、スポンジとスポンジを入れるトレイと種が必要になります。

これらは全部100均で買えますよね。

食器洗いスポンジを2㎝角くらいにカットして、真ん中に十文字に切り込みを入れます。

その切り込みの中にバジルの種を数個入れます。このセットをいくつか作ってトレイに並べます。

スポンジが常に湿っている状態にして発芽するのを待ちます。

ある程度育ってきて、スポンジから根っこが見えてきたらペットボトルの登場です。

カットしたスポンジを飲み口にぴったりフィットするように入れてください。

ペットボトルを隠せるようなかわいらしい植木鉢や花瓶も100均で売っているので、探してみてください。

また、バジルが大きく育ってきたら、茎を1本カットしてそれを花瓶の中に挿しておくと勝手に根っこが生えてきます。

ガラスの花瓶などに挿すとおしゃれですよね。

バジルを水耕栽培でおしゃれに育てたいのまとめ

バジルを水耕栽培で育てるとき、ペットボトルで育てるのは見栄えが悪いと思われるでしょう。

でも、一番お金もかからなくて、片付けも楽ちんなのでおすすめしたいです。

バジルが大きくなってきたら、茎を切っておしゃれな花瓶やグラスなどに挿しておけば根っこが生えてきます。

なので、育ってきた後をおしゃれメインで楽しむ、というのもいいんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント