電気圧力鍋って時短にならない!?目からうろこの意外なデメリット

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

電気圧力鍋って、調理が簡単になるイメージが強いですよね!

料理って、焼いたり煮たりする時間が本当に命取りです。

ほんの少しの差で、味も全然違ってきますよね。

料理があまり得意ではない場合、キッチン家電に頼りたくなります!

電気圧力鍋は、自分で火加減を調整する必要がありません。

簡単に手の込んだ料理が作りたい!という場合には、とても便利ですね。

スポンサードリンク

電気圧力鍋のデメリットってあるの?買って失敗しないためのポイントとは

でもそんな電気圧力鍋ですが。

実は買った後に「失敗した!」と思わないために、「買う前に知っておいてほしいこと」がいろいろあるんです。

どんなものでも、メリットと同時にデメリットが存在しますよね!

実は電気圧力鍋にも、いろいろなデメリットはありますよ!

そこで今回は、電気圧力鍋のデメリットをご紹介していきたいと思います。

もちろんメリットがたくさんあるのは分かりますよね。

これから電気圧力鍋を買おうと思っている方必見です!

デメリットな部分も知った上で、比較検討してみて下さいね。

電気圧力鍋って時短にはならないの?調理時間はかかる?

電気圧力鍋へのイメージって、いろいろありますよね!

  • 難しい料理が簡単にできる!
  • 料理が苦手でも手の込んだものが作れる!
  • 調理時間が時短になる!
このあたりを想像する方が多いかもしれません。

1つ目と2つ目は、まさに!という感じですね。

自分で作ろうと思うと火加減が難しい料理はたくさんあります。

そんなときに電気圧力鍋があると、頼りになりますよね!

でも意外な落とし穴というのが、3つ目です!

電気圧力鍋は時短で調理ができる!と思っている方は、要注意です。

むしろ、欲しい理由が時短であれば、ちょっと危険ですね。

電気圧力鍋意外なデメリット~余熱や保温の時間も必要!~

例えば、3分で簡単に煮込み料理ができる!と書いてあったとします。

この場合、もちろん加熱時間は3分です!

でも電気圧力鍋の場合、その前後に必要な時間がでてきます。

それは、予熱と保温です!

予熱は、調理内容によっては、20分~30分かかる場合もありますよ。

そして加熱時間が終わったあとも、具材にしっかりと火を通す時間が必要になります。

それがだいたい、15分前後です!

加熱時間にもよりますが、トータルで1時間以上かかる計算になりますよね。

電気圧力鍋が向いてる人ってどんな人?

もちろん放置したままでOKというのは楽です。

でも下準備などは食べたい時間の1時間以上前から始める必要があります!

時間がないときはパパっと作ってしまいたい!という場合。

この事前準備の時間が無駄に感じるかもしれないですね。

私の個人的なイメージは、時間がある方専用のキッチン家電!という感じです。

時間に余裕がないと、なかなか使いこなせないかもしれないですね。


スポンサードリンク

電気圧力鍋には調理時間以外のデメリットはどんなものがある?

使いこなせればとても便利な電気圧力鍋。

でも時短の部分以外にも、デメリットかな?と思われることはあります。

これから購入したいという方は、知っておきたいですよね!

もちろん人によって、デメリットには感じないこともあると思います。

一般的にどうなのか…という視点で、ご紹介していきますね。

電気圧力鍋の調理時間以外のデメリット①炊飯器があればいいのでは?となることもあり!

炊飯器って、ご飯を炊く以外にも料理に使えたりしますよね。

炊飯器を使ったレシピなども増えてきているほどです。

日頃からあまり凝ったものは作らないという場合。

実は炊飯器でどうにかなってしまう!という場合も多いですよ。

特に、ケーキのような粉を使ったスイーツなど。

このあたりは、炊飯器の方が上手くできることもあるようですね。

何にでも向き不向きはあります!

ただ、明確に使いたい理由がないときは、炊飯器があれば良いとなるかもしれません。

電気圧力鍋も調理のレパートリーは限られます。

我が家では使いこなせるのか?という見極めが大事ですね!

電気圧力鍋の調理時間以外のデメリット②サイズが大きい&価格が高い!

電気圧力鍋って、けっこう大きいものが多いですよね。

私自身も売り場で何度も見たことがあります。

売り場でもまぁまぁ大きいな…と思いました。

こういうものって、自宅に持ち帰ると大きさに驚くことってありますよね!

キッチンが広々としている家であれば、全然問題ないと思います。

でも、電気圧力鍋を置く場所を作らないといけない!という場合。

ちょっと置く場所には困るかもしれないですね。

そして、価格もけっこうしますよね。

安くても、最低1万円以上はします。

機能が良いものだと数十万円のものもありますね。

他のキッチン家電にも言えることですが、置き場所と値段はネックですね。

電気圧力鍋の調理時間以外のデメリット③パーツが多くて日々のお手入れが大変!

私自身、炊飯器のお手入れはパーツ3つでも面倒だなと思います!

「釜」・「蒸気口」・「内釜」だけでも、毎回洗うのって大変ですよね。

でも、電気圧力鍋はパーツがたくさんあります!

やはり構造も複雑で、細かなパーツが多いようです。

でも使ったら毎回掃除をしないといけないですよね。

掃除を怠ると破損の原因にもなります。

そして、美味しく調理もできなくなっていきますよね。

掃除やお手入れが苦ではない!という方は問題ないと思います。

ただ、子供がいる主婦にとっては、ちょっと大変かなと感じます!

電気圧力鍋って時短にならない!?のまとめ

どんなものでも、必ずデメリットは存在しますよね。

もちろん、人によってはデメリットにならないこともあります!

メリットとデメリットを考えて、我が家に向いている!と思った場合。

是非電気圧力鍋の購入を検討してみて下さいね。

基本的には、時間とお金に余裕がある方に向いているような気がします!

下準備や調理、片付けまでを考えると、相当時間がかかります。

便利なキッチン家電は、みんなそんなものかもしれませんね。

購入をするときは本当に必要なのか、見極めることも大切ですよ!

買おうと思ったときって、どうしてもメリットばかりを見てしまいがちです。

デメリットも知った上で、是非検討してみて下さいね。

スポンサードリンク

コメント