「健康の為に、ランニングを始めたい!」という人も多いと思います。

ランニングといえば、「キャップをかぶるのが当たり前」という風潮がありますよね。

しかし「かぶってみたけど、どうにも似合わないんだよね」というあなた!
そういう私も、キャップをかぶると「なんだかインチキ臭い」とか「あやしく見える」という、「キャップが似合わない人」なんです。

もちろん、ランニングキャップをかぶらないで走る人もいますが、キャップをかぶることによって、体への負担が軽減できます。

ですので、可能であればキャップをかぶることをおすすめします。

「それえも、私には圧倒的に似合わない!」と思っている方も、かぶり方やキャップの選び方1つで、見違える場合もあるんですよね。

そこで今回は、ランニングキャップが圧倒的に似合わないあなたの為の、キャップのかぶり方と選び方のポイントをご紹介していきたいと思います。
ぜひ参考にされてみてくださいね。

スポンサードリンク

1.似合わない原因別!ランニングキャップのかぶり方のポイント

ランニングキャップが似合わないと思っている方には、いくつかの特徴があります。

そしてそれが原因で悩んでいます。

ここでは考えられる原因別にポイントを押さえていきたいと思います。

(1)自分に合うかぶり方がわからない

まず簡単なところで言うと、「キャップを深くかぶるか浅くかぶるか」で、印象が全く変わります。

丸顔の人は深くかぶると、顔全体のバランスが崩れてしまいます。
浅くかぶることで、縦のラインを出すことができ、バランスを改善できるんですよね。

逆に顔が面長が方は、深くかぶるとよいでしょう。

また、つばの丸め方でも印象が変わってきますので、強めに丸めてみたりまっすぐにしてみたり、鏡と向き合いながら自分の好みを見つけてみましょう。

(2)自分に似合うキャップを見つけていない

ランニングキャップは、シンプルなものが多いですよね。

ですが、柄があるものを選ぶと大きく印象が変わる場合もありますし、色のチョイスによっても印象が変わります。

また、ランニングキャップにこだわらず、野球帽タイプやスポーツキャップを試してみるのもいいでしょう。

走る用ではないため、若干重く感じる人もいるようですが、もともとスポーツ用の帽子なので汗をかいても不快になりませんよ。

購入前に、「ランニングキャップ」にこだわらずに、いろいろなタイプやデザインものを試着してみるといいかもしれませんね。

(3)キャップをかぶった自分に見慣れていない

普段見慣れていない自分の姿は、どうしても違和感を感じてしまいますよね。

しかし見慣れてくると、意外と似合っているのかもと思えるようになることもあります。

もし、今キャップを持っている状態なら、まずはそれで続けてみてはいかがでしょうか。

(4)どうしてもダメならランニング用サンバイザーはいかが?

「それでも、どうしても似合わない!」という人は、サンバイザーで代替えしてみましょう。

キャップと同様に、目を守る効果があります。

それども日射病の予防には効果がありませんので、日差しの強い日はキャップをかぶることをすすめします。


スポンサードリンク

2.そのそもランニングキャップって必要なの?手軽にできる効果的な紫外線対策

これまでランニングキャップについて書きましたが、そもそもキャップは必要なのかって疑問ですよね。

結論から言うと、必要です。その理由と手軽にできる対策を紹介します。

(1)紫外線から頭皮や目を守ってくれる

紫外線って、体へのリスクが大きいんです。

ですのでランニングする際は、少しでも紫外線をカットするためにキャップをかぶった方がいいです。

また頭にタオルを巻いたり、サングラスをして体を守る方法も有効ですよ。

(2)熱中症、日射病予防になる

夏はどうしても炎天下で走ることになります。

そうなると、熱中症と日射病の危険にさらされることになりますよね。

趣味で走るのであれば時間調整で済みますが、もし大会とかを目指しているの場合はやっぱり対策としてキャップが必要になります。

あるのとないのとでは差は歴然ですね。

(3)汗を吸収してくれる

集中してランニングしたいけど、どうしても額から汗が流れてきて、目や口に入ったりしてしまします。

それだとどうしても気になってしまいますので、キャップをかぶって防ぎましょう。

また、首に一枚タオルを巻いておくとすぐふき取ることができるので便利です。

3.ランニングキャップが似合わない!のまとめ

ランニングキャップが似合わないと思っている方へ、キャップのかぶり方や代替え品について紹介してきました。

またキャップは、ランニングする際の体への負担を減らしてくれます。

なので、できれば自分に似合うかぶり方やデザインを見つけて、ぜひともキャップをかぶってランニングを行いましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください