新年が明けて、初めて見る夢を『初夢』って言いますよね。やっぱり新年早々、少しでもいい夢を見て、今年がなんだか良い1年になりそうだなぁ~って期待しちゃいたいですもんね。

でも、そもそも『初夢』っていつ見る夢のことなんでしょうね?初日の出が元旦の朝に上ってくるお日様だから、初夢も1日の朝?とか考えてしまいます。

そんな時に、幼稚園に通っている子供から『初夢って何~?』って聞かれたら、自分もちゃんとわかってないと、ちゃんと説明できないですもんね。

この記事でお伝えしたいこと
  • 一富士二鷹三茄子って縁起がいい夢なの?
  • 一富士二鷹三茄子なんて言っても小さな子供にがわからない
  • 縁起がいい夢って4番目はないの?
[/su_list]

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

初夢を幼稚園に通う子供にもわかりやすく説明するには?

それにしても、日本人って本当に『初物好き』ですよね。初日の出とか初夢に初詣、初鰹(はつがつお)に新茶、最近ではボジョレー・ヌーボーも11月頃の解禁日には普段はワインを飲まない人も買ってみたりと、数えたらきりがないくらい、本当に初物が大好きです。

初夢っていつ見る夢のことなの?

そんな中で新年が明けて、今年1年を占う『初夢』って、そもそもいつ見る夢のことを言うんでしょうかね?

(1)初夢は江戸時代頃から
まず、庶民の間で初夢のことが言われ始めたのは、江戸時代のころから。でも実はこの頃の初夢は
  • 大晦日の夜(元日の朝)に見る夢
  • 元日の夜に見る夢
  • 1月2日の夜に見る夢
と、3通りの初夢の定義があったんです。

でも、文献で『初夢』が初めて書かれていたのはもっと前で、鎌倉時代に書かれた『山家集』に初めて初夢のことが書かれていたんですね。

そこでは、今のように暦での新年ではなくって、節分(立春)の夜に見る夢のことを『初夢』ってしています。

(2)江戸時代の中頃からはの初夢
この頃から、大晦日から元日の夜は、除夜の鐘初詣を聞いたりとか、初詣に行ったりして眠らないっていう風習ができてきたので、『眠らない=夢は見ない』って事で『大晦日から元日にかけて見る夢を初夢』っていう風習がなくなっていきました。

また、何で中途半端な1月2日が『初夢』の日とされているかって思いますよね?それは、この頃に『船屋』って呼ばれる商人の人たちが『枕の下に、宝船の絵を敷いてから寝ると、良い初夢が見れますよ~』って言って、その『宝船の絵』を各家々に売りにまわっていたけど、その商人たちも『元日はやっぱりゆっくりと休みたいよぁ』ってことで、1月2日に見る夢を初夢にしちゃおうってことで、『1月2日に見る夢が初夢』とも言われるようになったそうです。(諸説あり~♪)

そして、現代では

  • 元日の夜(元日の夜から2日の朝にかけて)に見る夢
  • 1月2日の夜(2日の夜から3日の朝にかけて)に見る夢
を初夢っていう風に呼んでいます。でも、確かに良く考えたら『大晦日から元旦にかけての夢』だと、お酒を飲みすぎちゃって除夜の鐘が鳴る前にうとうとしちゃって、そのまま朝になって、その時に見た夢だと、年が明ける前に見たのか、明けてから見たのかなんてわからないですもんね^^;

初夢を子供にわかりやすく説明するには

幼稚園児のこどもをもってると、わかると思うけど、この頃の子供って結構なんでも理解してきてるように思えて、例えば『1年間とかの感覚』がまだしっくりときてないんですね。まだ物心ついてから何回かしか1年間のサイクルを体験してないんですもんね。

なので、『1年が終わって、次の新しい年になる』って言っても、いまいちピンとこないことが多いみたいです。

そこで、うちの場合は『〇〇ちゃんはお誕生日になったら、1歳お姉ちゃんになるやろ?それと同じように、地球さんも1月1日になったら1歳お兄ちゃんになるんよ。それを1年って呼ぶんやけど、地球さんが1つお兄ちゃんになって、1年の一番最初に見る夢のことを初夢っていって、いい夢が見れたら、その1年がとってもいい年になるって、昔から言われてるんよね』って感じで説明してます。

細かなことを正確に伝えようとしても、なかなかピンときてくれないようで『へ~』とか『ふぅ~ん』で、わかったのかわからないのか、微妙な感じでしたけど、書いたような感じで話すと、結構話にも食いつてきてくれて、そこから更に疑問に思ったことを聞いてきたりして、子供の中でもそれなりにイメージできたみたいでした。

初夢で縁起の良いってされてる富士と鷹と茄子

さて、初夢で見ると昔から、縁起が良いってされてる『一富士二鷹三茄(いちふじにたかさんなすび)』。まぁ富士山は日本一の山だし、鷹もなんだかおめでたいっぽいけど、何で3番目が『なすび』なの?って思いますよね。『なすびよりも、そう!れんこん(見通しがいい)とか、あわび(感覚的に)とかの方が縁起良さそうやん』って。

この『一富士二鷹三茄』は江戸時代の初期頃には既に言われていたみたいだけど、その起源にはいくつかの説があるんです。

  • 徳川家ゆかりの地『駿河国』での高いものの順番(富士山、愛鷹山、初物のなすびの値段)
  • 徳川家康が『富士山』、『鷹狩り』、『初物のなすび』を好んでいたから
  • 縁起が良い物(富士山は日本一の高い山、鷹は賢くて強い鳥、なすびは『事を成す(茄子)』)
  • 富士は『無事』、鷹は『高い』、なすびは『ことを成す』
  • 富士は形が扇型で『末広がり』、鷹は上に上がっていく『運気上昇』、なすびは『毛がない(怪我ない)』
私的には、やっぱり時期的にも『徳川家康の好きなもの説』かなぁって思いますます。まぁ、今まで『富士山、鷹、茄』の夢なんて見たことないんですけどね。せいぜい、宝くじで1等が当たった夢、くらいのものです(夢、だけで終わっちゃいましたけど)


スポンサードリンク

初夢で4番目に縁起が良いのは何?

そんな、私には縁がない『一富士二鷹三茄子』だけど、この3つだけで終わりなんでしょうか?私には縁起の良い夢は無縁なんでしょうかね。

初夢の縁起が良いとされる6まであるんです

実は、『一富士二鷹三茄子』には続きがあります。一般的には『一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭』ってされてるんですね。

  • 一富士(いちふじ)
  • 二鷹(にたか)
  • 三茄子(さんなすび)
  • 四扇(しおうぎ)
  • 五煙草(ごたばこ)
  • 六座頭(ろくざとう)
    こちらも『諸説あり~♪』だけど、『一富士二鷹三茄子』と『四扇五煙草六座頭』はそれぞれ対応してるとされていて
    • 『一、富士』と『四、扇』は共に形が末広がり
    • 『二、鷹』と『五、煙草(の煙)』は上に上がっていく(運気上昇)
    • 『三、茄子』と『六、座頭』は怪我ない(毛がない)
という風に言われているのが、一般的です。

中には

  • 『四、葬礼(そうろう)』、『五、便所(せっちん)』
  • 『四、葬式(そうしき)』、『五、火事(かじ)』
なんていうのもあるようですね。

さいごに

このように、毎年の年初めに見る『初夢』だけど、なかなかTOP3の『富士』、『鷹』、『茄子』なんかを見ることってないですもんね。

そこで、TOP3の夢が見れるかどうかはわからないけれど

初夢にいい夢を見れるかもしれないおまじない
七福神が乗っている宝船の絵に『なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)』っていう言葉(回文)を書いて、それを枕の下に置いてから寝ると、初夢にいい夢を見ることができるそうですよ

%e5%ae%9d%e8%88%b9

ぜひ、お試しあれ。
それでも初夢に悪い夢を見てしまった時の対処法
宝船の絵を川に流したら、それが縁起直しになって、悪い夢をちゃらにしてくれるみたいです

子供の見た夢に対しても『どんな夢を見た?』と聞いてあげた後に『ポジティブ』なイメージで『今年一年が良い年になるかも~的』な感じで、話して答えてあげると、毎年初夢を見るのが楽しみになってくれますよ^^b

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す