ある日、「自転車を必死にこぐのに、なかなか進まないなぁ~」と、私のママチャリのタイヤの空気が少ないと感じたので、「しばらく空気を入れなくてもいいように」と、空気を多めに入れました。

そうして、「空気もバッチリ入ったし、スイスイ進む~♪」とご機嫌で自転車に乗っていたところ。なんと、突然「パーン」という大きな音とともに、タイヤが破裂してしまったんです。とても、驚いて怖かったです。

最初は、「まさか、自分自転車のタイヤが破裂した」なんて思いませんでした。まじめに「発砲事件?!」って思ったくらい大きな音でしたから。笑

でも、こんな経験をしたのは、きっと私だけではないと思います。身近なママチャリですが、「正しい空気の入れ方」って、意外と知らない人が(私も含めて)多いんですよね。

この記事でお伝えしたいこと

  • 意外と知らない!ママチャリの正しい空気の入れ方って?
  • 自転車のタイヤがパンクしてしまう理由
  • ママチャリを安全に乗るためのメンテナンスの仕方

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

ママチャリのタイヤに空気を入れすぎたらどうなる?

ママチャリのタイヤに空気を入れすぎてしまったら、タイヤがバーストしてしまいます。バーストとは、タイヤの破裂や避ける現象のことを言います。まさに、私が体験した「パーン」という破裂音ですね。

自転車のタイヤがバーストしてしまうと、タイヤに亀裂が入り、制御ができなくなってしまいます。

自転車のタイヤのバーストはとっても危険

この「バースト」は起きる確率は低いものの、起きてしまうとかなり危険なパンクです。自転車のバーストは、タイヤが亀裂するよりも、チューブが破裂することが原因となることが多いようです。

チューブの裂け目は大きく、破裂パンクとも言われます。私の場合は、たまたまそんなにスピードが出ていなかったときなので大丈夫でしたが、「もしもスピードが出ていたときだったら」と思うと、ぞっとしますよね。

空気を入れすぎてしまっている「高圧のタイヤ」は、亀裂パンクが起こりやすいんです。ホイールの外側のリムとタイヤの間から、チューブが出てきて膨らむのが原因です。

自転車の空気の入れすぎを防ぐには

タイヤの空気の入れすぎを防ぐには、「ゲージ付き空気ポンプ」を使うとよいでしょう。

【使いやすくて人気のゲージ付き空気ポンプ】をAmazonで見てみる

今は、タイヤの性能も良くなってきており、自然バーストはほとんどありません。かなり劣化して亀裂が入らない限り、チューブは出てきません。しかし、だからと言って空気を入れすぎるのはよくありません。

確かに、街中はほとんど舗装道路なので、空気を多めに入れた方が、走行しやすいです。

ところが、どこまでが多めで、どこまでが適正なのかよくわかりません。そこで、ゲージ付き空気ポンプを使うのです。最近ではホームセンターなどでも、結構お安く手に入れることができますよ。

自転車のタイヤってなぜパンクするの?

自転車のタイヤのパンクの原因は、ガラスや釘を踏むことだと思われがちですが、実はタイヤの空気圧の低下の原因が多いのです。

空気が少なくなると、チューブがタイヤ内で折れてしまって

  • チューブに穴が開いたり
  • チューブ同士の摩擦で磨り減ってしまったり

してしまい、タイヤとホイールの間にチューブが挟まってパンクするのです。これを防ぐためには、こまめに空気を入れて適正な空気圧を保つことが一番のポイントになります。

また、空気がしっかり入っていないと、漕ぎやすさにも影響が出てきます。ペダルを踏み込んだ時に、重みを感じるのです。これを防ぐには、やっぱり「空気圧を適正にすること」なんですね。


スポンサードリンク

ママチャリの正しい空気の入れ方は?

ママチャリの場合は、1~2週間に1度ぐらいの割合で空気圧をチェックすることをお勧めします。

ゲージ付き空気ポンプがなければ、タイヤの側面を親指で押して、少しへこむくらいが最適です。空気が足りない場合は、こまめに補充しましょう。

自転車への空気の正しい入れ方

まず、空気入れを準備し、空気を入れるところについているキャップを外します。そして、空気入れのクリップを口金に押し込んだら、ロックレバーを倒しましょう。これで準備は完了です。

このとき、クリップは90度にしましょう。きちんと装着しないと、しっかり空気が入っていきません。意外とこれが、難しかったりするんですけどね。

また、キャップ下のナットを緩めないようにしましょう。緩めると、空気が漏れ出してしまうからです。そして、「シュポシュポ」とレバーを上下して、適正値になるまで空気を入れていきましょう。

ママチャリを安全に乗るために メンテナンスってどうすればいい?

ママチャリは、ちゃんとメンテナンスすることで
  • 安全に
  • なが~く

乗ることができるんです。逆にメンテナンスをしてないと、あっという間にいろんなところが痛んできてしまうんですよね。

だって自転車は、ほとんどの場合、外の駐輪場にとめてますよね?そうすると、自転車は外気や雨にさらされて、油分がなくなっていきます。

そうなることにより、自転車の動きが悪くなり、寿命が短くなることもあるんですね。

なので、まず月に一度は

  • チェーン
  • ワイヤー
  • スタンド

などに注油をするとよいでしょう。そして、こまめに自転車の拭き掃除をしましょう。

汚れは、長い間放置すると落ちにくくなるだけでなく、ゴムや樹脂などのパーツの劣化の原因となってしまうんです。

掃除が終わったら、チェーンやブレーキなどの点検をしましょう。そして、なにかおかしいところがあれば、自転車屋さんなどで修理してもらいましょう。

ママチャリのタイヤ 正しい空気の入れ方のまとめ

ママチャリのタイヤの空気の入れ方や、長持ちさせるためのメンテナンスなどについて、お伝えしてきましたが、いかがでしたか?

タイヤの破裂やパンクは、下り坂を走行しているときや、スピードを出しているときに起こると本当に危険です。適正な空気圧と、メンテナンスをして安全に自転車に乗ってくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください