絵が得意な子がいる一方で、とっても苦手な子供もたくさんいますよね。

親としては…。やっぱりできれば「絵が下手よりも、少しでも上手くなってほしい!」っていうのが本音ではないでしょうか。

でも実際に、絵が下手な子供に特徴ってあるのでしょうか。それが分かれば、上手くなるように導けるかもしれませんよね。

この記事でお伝えしたいこと

  • 絵が下手な子供には特徴があるんです
  • 子供の描く絵が上手くなる方法
  • 子供に絵を教えるときの最大のポイントは!

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

絵が下手な子供の特徴

絵を描くことが下手な子供には、幾つかの特徴があるようです。

洞察力が苦手な子供は絵も苦手

まずは、観察力がない子です。

  • 描こうとしている動物の身体がどうなっているのか
  • また背景はどうなっているか

といったことを考えるとか、観察をするということをそもそもしないんです。

だから、体の向き不自然だったり、見えてる景色とちょっと異なったりしてしまいます。

想像力がない子供は絵が苦手

次に、想像力がない子です。

絵を描くときは、物を見ながら描きますが、見たままではなく想像して描く場合も多いと思います。このとき、対象物を想像して描く時に、絵が下手な子は大まかな全体像しか浮かばずに描いてしまうんですね。

結果として、思っていたのとは全然似ても似つかない、ちょっとへんてこりんな絵になってしまうんですね。そうして、余計に混乱して絵が完成しなくなります。

絵が苦手な子は、絵をだらだら描くことがあります。絵を描くこと自体が好きではないので、やたらだらだらと書いてしまいがちになります。

そうしているうちに集中力がなくなり、絵どころではなくなってしまうんですね。

絵を描くことはセンスが必要

また、絵を描くにはセンスが必要です。

センスがない子でも、もちろん絵が好きで、うまくなろうという気持ちがあれば、絵を描いていくうちに上手になっていきます。そうやって、たくさんの絵を描いていくうちに、センスも養われていくんですね。

そして、やはり絵が下手な子は、絵を描く機会が少ないんです。

絵はそんなに簡単に描けません。最初から絵が上手い子なんていません。ただ、練習あるのみで、描いては修正するということが大事です。

絵が好きでないと、なかなか「たくさんの絵を描く」ということをしませんもんね。


スポンサードリンク

苦手だった子供の絵が上手くなる方法

では、絵を描くことが苦手な子供が、上手に描けるようになるための方法について、お伝えしていきますね。

観察力を身につけるには

まず、観察力を磨くには、絵をかかずに対象物をしっかり見てもらうことが大切です。

  • この動物の形は?
  • この景色の色は?

といった、その特徴を観察することから始めましょう。

じっくり見ているうちに、風景などが動いてしまう場合もあると思います。なので、写真や絵を模写することから始めてみるのも良いですね。

最初は「しっかり見る(観察する)ことの意味が、分からない子もいることでしょう。でも、しっかり観察しておかないと、絵を上手に書けないことを分かってもらいましょう。

想像力を身につけるには

次に、想像力を磨くにはどうしたらよいのでしょうか。

想像力を磨くには、色んな作品を見せてあげることをおすすめします。作品を見せてあげることによって、イメージ力を磨いてもらうのですね。

だらだらと絵を描いてしまうときには

だらだら絵を描く子には、どうすればよいのでしょう?

だらだら描く子は、絵を描くこと自体が好きでなくなっているかもしれません。なのでそんなときには、絵を描くこと自体に興味を持たなくなるのは、上手くなる以前の問題です。

ということで、「絵を描くことは楽しいことなんだ」と感じてもらえるように

「じょうずに描けたねぇ~」
「これ●●だってすごくよくわかるわぁ。すごいねー!」

といった感じで、絵を描くことを褒めてあげることが大事です。

絵のセンスがないときには

絵のセンスがないときは、どうしたらよいのでしょうか?

もともと持っている「絵のセンス」という才能もありますが、「いろいろな絵」を知っているか知らないかっていうのも大きいです。

いろいろな絵や、美術品と触れ合う機会を作ってあげましょう。

「センス」っていうものは、短期間でなかなか目に見えて変わっていくことはありませんが、一緒に色んなことを見聞きした体験は、少しずつセンスを磨いていってくれますよ。

絵の練習量が少ないときには

もしも、練習量が足らないときは、どうすればいいのでしょう?

やっぱりいくらセンスがあっても、絵は描かないとうまくなりません。1回で長い時間描くことができないのであれば、少しの時間でも、描く回数を増やしてみるのはいいかもしれません。

毎日、少しずつでも描くことによって、絵が上手くなりますよ。うまくなってくれば、自然と自分から絵を描くようになっていきますよ。

絵が上手くなるためにしておきたいこと

あと絵が上手くなってもらうために、しておきたくないことがあります。

まず、「子供の絵が下手だから」と、描いた絵を馬鹿にするような態度は取らないことです。

そして

  • 子供の絵を見て否定しないこと
  • なかなか絵を描いてくれないからと叱らないこと
  • 無理やり描かせないこと
  • 人と比較しないこと

です。これらのことは、絶対子供にはやらないようにしましょう。逆に「絵を描くことが嫌い」になってしまいますよ!

絵が苦手な子供に絵を教える方法!のまとめ

絵が下手な子供の特徴や子供の絵が上手くなる方法などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

絵を描くことが苦手な子供でも、少しずつ時間をかけて絵を描いていくことによって、上手くなっていくものです。

決して急がせず、焦らせず!子供が楽しく絵を描けるような環境を作ってあげて、楽しみながら絵を描けるようにしてあげたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください