職場での義理チョコって本当は迷惑!だったら渡さない方がいいの?

バレンタインデー、貰う側のあなたはちょっと憂鬱に感じていませんか?

「ホワイトデーのお返しを考えないといけないし、3倍返しなんて思っている人がいるかも…。」
そう思うと、どれだけの出費になるのか考えただけでゾクッとしますよね。

しかし、贈る側の女性は、お返しのことなんてあまり深く考えていない場合もありますよ。
「今はバブルの時代ではないのだから…」と割り切っている女性も多く、女性側も義理チョコはなくしたほうがいいと考える傾向が出てきています。

そんな中、義理チョコの風習の残っているあなたの職場では、実は女性もいろいろと気を使っていることが分かりました。
そんな私も、OL時代には頭を悩ませたものです。

ただの義理チョコです。
あまり深く考えずに、職場の簡単なコミュニケーションと考えて、もっと気軽に楽しんでみてはどうですか?

スポンサードリンク

渡さない方がいいの?職場で義理チョコを渡すルール

バレンタインに義理チョコを渡す風習が残っている職場では、実は女性側にも意見があるのです。

もらう側のあなたにとっては、お返しのことを考えると、もしかしたら「バレンタインって面倒だなぁ」と感じてしまうでしょう。
でも、「そんな義理チョコにも、ちゃんと意味がある」としたら…。少しは考えが変わりませんか?

義理チョコを渡すのにルールがあるなんて!

実は義理チョコだからこそ、渡すための大切なルールがあるのです。


・コミュニケーションツールのひとつ
同じ部署内でも、よく考えると「あまり話したことがない人」っていませんか?

話をしたことがないから、いざ用事を頼むにしても何だかぎこちなかったり…。
そんなときの助けになるアイテムが「義理チョコ」なのです。

義理チョコをもらっただけで、少し距離が縮まるように思えませんか?
変な意味ではなくてですよ!
たかが義理なのに不思議ですね。

・みんなに平等にあげる!
同じ職場、あるいは部署の中で、あなただけがバレンタインにチョコをもらえなかったらどのように思いますか?

  • 何か気に障るようなことがあったのではないか
  • 自分は嫌われているのではないのだろうかと
そう考えてしまいませんか?

あなたにモヤモヤした気分を与えないように、みんな平等に女性はあげているのですよ。
だから「あなたにとって迷惑かもしれないなぁ~」と思いながらも、義理チョコを渡しているのです。

甘いものが苦手なのにもらってしまったら…

甘いものが苦手な男性がいることも分かっていますが、そこは義理チョコです。
苦手だったら、家に帰って家族にあげればいいのではないですか?

「コミュニケーションツールのひとつ」として渡された義理チョコなのですから、笑顔で「ありがとう!」と返事をするのがマナーですよね!

ただ、ケーキなどの生ものを渡されたときには、家に持ち帰りは出来ませんよね。
そんなときには正直に「甘いものが苦手なので、気持ちだけいただきます。ありがとう!」といえば、相手も嫌な気持ちになることはないでしょう。

スポンサードリンク

男性が喜ぶ!職場で義理チョコをもらうタイミングは?

バレンタイン当日いつチョコをもらうのが仕事にも影響がない時間ですか?
女性はあなたのことも考えて渡しているのですよ。


・朝出社してすぐ
朝、職場に着くなりいきなりチョコを渡された場合です。

出社しながら一日の段取りを考えているあなたにとっては、少し迷惑かもしれません。
でも、仕事の途中で渡されることを考えたら、「朝一番」っていうタイミングは、仕事に差しさわりの少ない時間帯と考えるのです。

「外回りで、みんなが出てしまう前に」との思いもあるのです。

・昼休憩中
食事を終えてつかの間の休憩時間に、チョコを渡されるのって癒しになりませんか?

午前中の仕事の段取りがうまくいっていないときなど、フッと力が抜けてリラックスすることができて、午後からの作業に張り合いがでることもありますよね。

バレンタインデーが土日だった場合

年によっては、バレンタインデーが土日に当たる年もありますね。
そのような年は、前日の金曜日に渡そうと女性は考えます。

何事もですが、遅れるよりも先手のほうが気持ちいいですよね。
あなたも「バレンタインが終ってから」と「バレンタイン前」とは、もらったときの気持ちに差が出ませんか?

義理チョコについてのまとめ

バレンタインを迷惑に思っていたあなた。
少しは「バレンタインにも意味があること」なのだとお分かりいただけましたか?

「チョコを渡すこと」もコミュニケーションだし、渡すタイミングも仕事の邪魔にならないようにと、気を遣っているのです。
ですが、あなたのほかにも「バレンタインは必要なくない?」と考えている同僚がいる可能性もあります。

あなたから話題にしてみて、職場の風習を問うのも今の時代にありかも知れないですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント