米を研いだ後、躊躇することなく捨ててしまうことが多い米のとぎ汁。
いやいや、それは捨てない方が…。

「当然でしょう!」
「どういうこと?」

実は、芸能人や美魔女がこの米のとぎ汁を美容に使っていることが多いのです。

そもそも米のとぎ汁には、美容に良いとされる

  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ミネラル

などの栄養が、豊富に含まれているんです。
なので、この「米のとぎ汁」を使えば、美肌や美白効果が期待できるだけじゃなく、ニキビにだって効果が期待できるんですよ。

スポンサードリンク

1.米のとぎ汁は安全なの?

女性の美意識の高さから、世の中様々な化粧品が出回っていますよね。

人によっては、いくら高級な化粧品でも「肌に合うもの」「肌に合わないもの」があります。
しかし、「米のとぎ汁=お米から出る成分のみ」なので、これを使ってアレルギーが起きることは少ないのです。

日本人は、お米を食べ慣れているので身体自体がお米に慣れており、肌からの吸収でもかぶれにくいのです。

ただし、ここで注意点!このとぐお米は無農薬であることが大前提です!
農薬がたっぷりついていると、農薬入りのとぎ汁になってしまうのでNGです。

お米のとぎ汁は、肌と同じ弱酸性です。
肌への負担が少なく保湿成分セラミドも含んでいるので、しっかり乾燥から守ってくれますよ。

2.米のとぎ汁の作り方のご紹介

ではさっそく、洗顔で使うための「米のとぎ汁」の作り方についてご紹介していきますね。

<米のとぎ汁の作り方>
①米を多めの水でさっと水洗いし、一度目の水は捨てる。

②手前→奥→手前→奥…と指先に力を入れて前後にもみ込むようにして、ときどきかき混ぜながら2~3分とぐ。

③カップ1~2杯(約300ml)の水を入れてかきまわせば完成!

ポイントは、洗顔用に使用するのは1回目ではなく2回目のとぎ汁を使うこと。
米のとぎ汁は生ものです。腐りやすいので、早めに使い切ってくださいね。


スポンサードリンク

3.とぎ汁洗顔のやり方(メイクなしの状態で行う)のご紹介

では次に、メイクなしの状態から行う、米のとぎ汁洗顔のやり方をご紹介していきます。

①まずはじめに、とぎ汁(目安量は150ml)を1.5倍程度に薄め、人肌程度に温める。

②たっぷりのとぎ汁で顔全体2~3回程度まんべんなく洗う。

③とぎ汁を右手左手の真ん中3本指(計6本)それぞれにつけ、 なでるように顔全体に塗り、軽くマッサージする。

④水かぬるま湯で顔をすすいでとぎ汁を洗い落とし、水分をタオルで軽くふきとる。

とぎ汁洗顔は、1日2回(朝・晩)行うようにしましょう。
タイミングとしては、起床後のまだ化粧前と、化粧を落とした就寝前がいいですね。

4.とぎ汁洗顔 実際の体験者アンケートの結果

どれだけ「とぎ汁洗顔」の素晴らしさを説明しても、にわかには信じられないと疑う方も多いハズです。

そこで、論より証拠。
実際に「とぎ汁洗顔」を行った方を対象に行ったアンケート結果が以下です。

約1000人(厳密には960人)のアンケート結果!
  • 「シミが前よりもよくなった」と答えた人
     ⇒ 約400人(40%)
  • 「非常によくなった」と答えた人
     ⇒ 約300人(30%)
  • 「ややよくなった」と答えた人
     ⇒ 約200人(20%)
  • 「変わらない」と答えた人
     ⇒ 約100人(10%)
「シミがよくなった=薄くなった、目立たなくなった、数が減った」など、なんらかの改善効果が認められた人が、全体の90%に達したのです。

特筆すべきは、「悪化した」と答えた人が一人もいなかったことでしょう。
また、副作用(痛み・かゆみ・はれなど)を訴える人は現れませんでした。

つまりは、とぎ汁洗顔には、高い安全性があるということが言えるのではないでしょうか?

その他のメリットとして、

  • 「若いころのような潤いが肌に出てきた!」
  • 「洗顔後に化粧水をつけなくても突っぱり感がなくなった!」
  • 「目もとや口もとのしわが薄くなった気がする!」

と言う喜びの声も続々聞かれました。

つまり、とぎ汁洗顔には、シミ以外の様々な肌の悩みを改善する効果が期待できるということでしょう。

5.米のとぎ汁洗顔のまとめ

コストパフォーマンスがとっても高い「米のとぎ汁洗顔」
肌がツルツルスベスベになり、シミも取れ美白効果が期待できるなんて、やらないなんてもったいない!

高い美容クリームも効果はありますが、0円でそれ以上の効果があったら、もうけものですよね。

ご興味のある方は、ぜひ挑戦して見てくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください