妊娠初期に便秘なのに下痢?これって普通にあることなの?

スポンサードリンク

妊娠すると、妊婦さんの体は急激に変化していきます。
妊娠初期は、お腹はまだ大きくなってこないものの、


  • 吐き気や眠気
  • 食の好みが変わる
  • 臭いに敏感になる

などなど、妊娠前とは全く違う体調の変化があります。
なかには、妊娠初期にお腹の調子を崩す方も多いと思います。

妊娠初期、便秘になったり、下痢をしたりすることはありませんか?
便秘と下痢を繰り返すケースもあるでしょう。

なぜ便秘になるのかというと、「プロゲステロン」というホルモンが関わってきます。
妊娠中は、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が盛んになります。
そしてこのプロゲステロンには、便を排出させるための腸の運動を抑える働きもあるんですね。
「プロゲステロンによって腸の運動が抑えられるため、便の排出が難しくなり、その結果便秘になる」という訳なんですね。
プロゲステロンの分泌以外にも、妊娠初期は


  • つわりで食生活が乱れたり
  • 運動不足になったり

というように、いろいろな要因で便秘になります。

便が腸の中に長く留まると、便の水分が腸に吸収され、硬い便になっていきます。
硬い便は、腸内のガスの出口をふさいでしまいます。
逃げ場を失ったガスは、腸内にどんどん溜まり、腸管を大きく膨らませていきます。
これが「妊婦さんの腹痛」の主な原因なんですね。

腹痛が起こり、ガスは徐々に硬い便を押し出していき、ようやく排便になるのですが。
そのとき、まだ水分が残っている水っぽい便も一緒に排出されます。
それが下痢です。
このように、妊婦さんにとっては「便秘→腹痛→下痢」というのは切り離せない関係にあることだと言えるんですね。

スポンサードリンク

妊娠中に下痢と便秘を繰り返す!胎児への影響は大丈夫なの?

上でお伝えしたように、便秘と下痢は繰り返しやすく、妊娠中にはよくあることでもあります。
ただ「よくあること」とは言っても、便秘でお腹が張ったり、下痢でお腹が痛くなったりすると「赤ちゃんは大丈夫?」と心配になってきますよね。

妊娠初期の便秘と下痢の赤ちゃんへの影響

妊娠初期の便秘と下痢は、赤ちゃんには影響ありません!
ただし、下痢だけではなく次のような症状が見られた場合は、要注意です。


☆嘔吐・発熱・強い腹痛を伴うとき
感染症や消化器疾患が原因の可能性があります。
ノロウィルスやアデノウィルスなどのウィルス性胃腸炎、細菌性胃腸炎などです。
妊娠中は免疫力が低下しており、これらの胃腸炎にかかりやすくなっている状態です。
感染力も高い病気なので、他の人にうつさないように注意しましょう。

☆性器出血があるとき
下痢と共に性器から出血がある場合は、切迫流産などの可能性があります。
妊娠21週までに何らかの原因で胎児が育たず流れ出てしまう状態を流産と言いますが、切迫流産とはその一歩手間の状態のことです。
切迫流産になると、生理痛のような痛みや性器出血の他に、下痢が起こることもあります。
ただし、性器出血が見られず、ただの下痢が続いていると思ったら、切迫流産と診断されたという経験談もありました。

☆甲状腺機能亢進症
甲状腺疾患は、妊娠・出産を機に発症することも多い病気です。
なかでも甲状腺機能亢進症は、のどにある甲状腺から甲状腺ホルモンが必要以上に分泌されてしまう病気です。
甲状腺機能亢進症の症状には、息切れや動機、体重減少などがありますが、下痢が見られることもあります。

またお腹が大きくなる妊娠中期以降の便秘は少し注意が必要です。
便秘となり硬い便を排出するためにお腹に力を入れると、強く腹圧がかかり早産を引き起こす可能性があります。


スポンサードリンク

妊娠中の下痢や便秘!腹痛を伴う時の改善策と病院にかかる目安は?

では、辛い妊娠中の下痢や便秘、何か対処法はあるのでしょうか?


☆水分をこまめに摂る
妊娠初期はつわりで水も受け付けないという方もいらっしゃると思いますが、水分不足は便秘の原因になります。
水分が不足すると便が硬くなりやすくなったり、腸の動きが悪くなります。
また、下痢を繰り返すことで体内の水分が失われ、脱水になることもあります。
意識してなるべくこまめに水分を摂るようにしましょう。

☆食物繊維を摂取する
つわり中は食べられるものが限られて、食生活が乱れ、食物繊維も不足しがちです。
食物繊維を多く含む根菜類や海藻類、キノコ類などの中から食べられそうなものを摂取するようにしてみてください。
私のおすすめは、冷たい牛乳をかけたブランフレークです。
つわりで食欲がなくても、冷たい牛乳のおかげで食べやすかったです。

☆運動をする
運動不足も便秘になりがちです。
運動をすることで腸の動きが活発になるので、体調がよいときに少しずつ体を動かすようにしましょう。

★自己判断で薬を飲まない
便秘や下痢のとき、辛くて薬を飲みたくなりますが、決して自己判断で薬を飲まないようにしましょう。
薬の中には妊娠中は禁忌の成分が含まれていることもあります。

また、受診する目安ですが、基本的には妊婦健診の時かかりつけの産婦人科で相談するとよいでしょう。
薬が必要な場合は、妊娠中でも服用できる薬を処方してもらえます。
ただし、嘔吐や出血などの便秘や下痢以外の症状が見られた場合には、なるべく早く受診するようにしましょう。

妊娠初期に便秘なのに下痢?のまとめ

妊娠初期にある「便秘と下痢を繰り返す」、「便秘なのに下痢!?」ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

妊娠初期の便秘や下痢は、よくあることではあるものの、頻繁に繰り返すと辛いですよね。
体調を見ながら、できる対策をしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント