今はネット通販や某ホームセンターなどで買うと自転車屋さんより、かなり格安で手に入ります。

そしてそんな自転車の中でも、コンパクトで持ち運びに便利な「折り畳み自転車」がよく売れているそうです。

ただ、ひとことで「コンパクトな折りたたみ自転車」といっても、値段が激安なものから高価なものまであります。

その値段の違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

せっかく買うなら、「安物買いの銭失い」にはなりたくないですよね(*_*)

私も折り畳み自転車に乗っているので、コンパクトな折りたたみ自転車を選ぶときの注意点や、自分でも乗りたいような「おすすめの折り畳み自転車」などをご紹介していけたらと思います。

スポンサードリンク

コンパクトな自転車で安いものって買っても大丈夫?

やはり購入するときに一番気になるのは、値段が安くても

  • 安全に乗ることができるのか?
  • 耐久性がどうなのか?

ということですよね。

買ってすぐ壊れるのは誰でも嫌ですもんね。

では、まずコンパクトで安い折り畳み自転車について、その安さの理由と、安全性や耐久性についてお話をしていきたいと思います。

そもそも安価な折り畳み自転車ってなぜそんなに安いの?

私も以前、激安の折り畳み自転車を購入したことがありますが、はっきり言って当たり外れが大きいです。

私の友人も、激安の折り畳み自転車に乗っていたのですが、変速ギアも付いていなく、しかもすぐ壊れたと言っていました。

値段はなんと、某ホームセンターで7800円だったそうです。私もそれを聞いた時に、「安っ!やっぱり!」と思わず言ってしまったことを覚えています。

安く売られているコンパクトな折りたたみ自転車の注意点は?

まず、激安の折り畳み自転車は、ほぼ変速ギアがついていません。ギアが付いていても、その自転車に最適にセッティングされたギアではないので、快適に乗るには程遠い感じなことが多いです。

しかも、折りたためばコンパクトにはなりますが、そのコンパクトな姿からは想像もできない程、とっても重いので、車からの出し入れがとても辛く思います。

そして上記でもあったように、個体差が大きく、品質管理が全く徹底されていないので、非常に当たり外れが大きいです。

っていうか、当たりの方が少ないと思った方がいいでしょう。

3万円以下の自転車の場合、消耗品として割り切って買うか毎日乗らない方ならいいかもしれません。

しかも、塗装の耐久性がないので、雨ざらしの場合にはすぐに錆びてしまいます。ブレーキワイヤーなども劣化しやすく、とても危険な状態になってしまいます。

これらの劣化した部品を交換したりしていたら、結局高づいてしまった…なんてことにもなってしまいますよね。

安価な折り畳み自転車の耐久性

あとは各パーツ溶接部分の耐久性です。この部分はしっかりしていないと非常に危険です。

自転車に乗っている最中に、万が一分解なんてしてしまうとシャレになりません。大惨事です!

こういった激安の折りたたみ自転車は、コストの安い海外で格安製造しているので、溶接部が非常に甘いとよく耳にします。

実際にこの溶接部分に関して事故があった事例もあるので、次にご紹介したいと思います。

実際に起こった事故の事例!
ある某メーカーが自転車を海外で製造・販売したブランド名もある折り畳み自転車。

そんな自転車で、走行中突然フレームが折れ男性が転倒して、歯が8本折れる事故が実際起こりました。

事故の理由
その事故の原因を国民生活センターは、製造の欠陥の可能性を指摘しました。

センターの報告書によると「フレームには製造時から亀裂が生じていた可能性があり、走行時の負担絵で破損につながったとかんがえられる」とされました。
(※…ネットニュース参照)

この様な事例を知ってしまうと、やっぱり「激安の自転車」を購入するのをためらってしまいますね(T_T)

コンパクトな折りたたみ自転車を買うメリット

安い折り畳み自転車でのデメリットを書いてきましたが、今度はメリットを考えてみましょう。

折り畳み自転車のメリットとは

安い折り畳みのメリットを考える前に、まずは「折りたたみ自転車」の利点を考えてみたいと思います。

折りたたみ自転車のメリットは、「コンパクトで持ち運びやすさ」ですよね。値段はピンキリですが、重さや耐久性を求めるなら高級なものをおすすめします。

私は30000円位の「マウンテンバイクの折りたやみ自転車」に乗っていますが、はっきり言って「重い!」です(^-^;

折りたたみ自転車は、折りたたみ部分の構造が複雑になるので、どうしても普通の自転車に比べると従量が重くなってしまうんですね。

やはり、もっと高いものなら素材にも軽いものが使用されていたりするので、「軽い折りたたみ自転車」を選ぶのであれば、ある程度の出費は覚悟が必要ですね。

折り畳み自転車に乗るならどんなのがいい?

やはり「安物買いの銭失い」にはなりたくないので、購入した自転車の使い道をしっかりと把握しなければいけません。

  • 通勤や買い物でほぼ毎日乗る
  • 休日のツーリング
  • 普段は週末にしか乗らない

など、「自分が自転車をどのように使うのか」自転車の使用用途をしっかりと確認しておきましょう。

安い折り畳み自転車のメリット

やはり安い折り畳み自転車のメリットを、あえてあげるなら「取り扱いさえ間違わなければ」、その安さですよね!笑

耐久性や機能性を必要以上に求めなければ、ほんとうにコスパの高い自転車だと思います。


スポンサードリンク

コンパクトな折りたたみ自転車 使用用途別おすすめの価格帯

それでは、使用別におすすめの自転車の紹介をしていきます。

日常的に乗る折りたたみ自転車のおすすめの価格帯は?

自転車に毎日乗る方の場合は、やはり格安のものより「4~5万円以上」の自転車をお勧めいたします。

高級機のものは、自転車の折りたたみが簡単で、自転車も軽量化されています。

しかも強度も高く頑丈にしっかりと造られているので、毎日乗るのに最適ですし、品質に対しても安定感があります。

また、素材もアルミフレームなどが使用されているものが多く、錆(さび)などにも非常に強く対応されています。

当然、安い自転車にはそこまで対応していません。

安い折りたたみ自転車のおすすめな使用用途は?

例えば、「旅行先などでのチョイノリ」なんかの場合には、10000円前後のコンパクトな自転車で十分でしょう。

まぁ、自宅でも「近所への買い物」などの、ちょっとした用事で乗るときにもちょうどいいと思います。

1万円ほどで買える変速ギア付き!おすすめ折り畳み自転車の紹介!

やはり、どうしても「1万円前後で買える折りたたみの自転車」でオススメできるものは限られてきます。

変則ギア付きもありますが、そのほとんどが変則ギアなしです。

そんな格安の折りたたみ自転車の中から、私が厳選した折り畳み自転車をご紹介していきたいと思います。

1万2~3000円位で買える変速ギア付のおすすめ折り畳み自転車
  • 1万円位で買えて
  • きちんと折りたたみができて、車にも簡単に載せれて移動ができる
  • 6段変則付で坂道もスイスイ登れる

このどれかに魅力を感じる人におすすめできる自転車が「6段変速のM-102」です。

1万円位で購入できる折りたたみ自転車の中では、なかなか変速ギア付きがないものが大半ですが、この自転車は非常にコスパの高いバランスのよい自転車になっています。

でもやぱっぱり、タイヤがちっちゃいので「ビュンビュンと飛ばせる」なんて感じて速度はでないので、そこのところはご了承くださいませ(^-^;

さいごに

安い折り畳み自転車などのメリットやデメリット、オススメの自転車などをご紹介してきました。

安いものでも、「せっかく自転車を買ったのにすぐ壊れた!」なんて言う事の無いように、ご参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.