障害者が一般企業に就職するときの選択してとして、オープンかクローズかという問題があります。

オープンとは、会社に自分の障害のことを知らせて、障害者枠で就職すること。クローズとは、自分の障害のことを隠して就職することです。

どちらを選択するのかは、障害者本人に任されていますが、クローズでの就職を選択した場合、障害者手帳などを会社へ提出したりなど、報告する義務はないのでしょうか?

今回は、そんな障害者手帳の会社への提出義務についてや、提出することでのあなたへのメリットについて、ご紹介していきたいと思います。

あなたの選んだ職場が、あなたにとって少しでも働きやすい環境になるために、役立ててくださいね!

スポンサードリンク

障害者手帳って会社に提出しなきゃいけないものなの?

まず、障害者手帳うんぬんよりも、「自分が障害者であること」を会社に伝えなければいけないものなんでしょうか?義務的なものがあるんでしょうか?

自分が精神障害者であることを、なるべく他人には知られたくないと、会社にも知られたくないと思っている人は多くいらっしゃるでしょう。

知られることによって、周りの態度が変わってしまったり、会社の自分への評価に影響したりするんじゃないかって、心配する人も多くいます。

障害者手帳を持っていることを会社に伝えないことって違法なの?

会社に障害者手帳を持っていることを会社に伝えていなかったら、それって違法行為になるんでしょうか?

そもそも障害者手帳って何なんでしょう?

障害者手帳とは、障害者の自立や社会参加を手助けするための「公的なサービスを受けることが出来る、その利用資格を示す証明書」です。

だから、まずはその証明書を会社に提出しなかったとしても、違法行為になってしまうということはありません。

障害者手帳の会社への報告は違法ではないけど義務ではある?

中には「公的サービスを受けているんだから、きちんと職場に知らせるのは義務じゃないの?」という人もいます。

でも、「公的サービスを受けている=個人の問題」で、正直な話、会社には関係ないことです。

「その障害のせいで、仕事に何かしらの不都合がある」という場合には、会社に自分が障害者だということを伝えるべきだと思いますが、伝えなかったからと言って、公的に何か問題があるわけではありません。

ただ、障害のことを事前に会社へ伝えていなかったことで、何か仕事に支障をきたす場合には、昇給や最悪の場合はクビになることもあるので、そのようば場合には言うべきだと思います。

ちなみに、

  • 自分が言わない
  • 年末に会社に提出する「年末調整の障害者控除」をつけない

上記2点を行わなければ、会社にその事実が伝わることはありませんよ。

障害者手帳を提出すると会社にはどんなメリットがあるの?

あなたが障害者手帳の保持者だとわかると、障害者手帳の提出を執拗に催促してくる会社もあります。

それは会社側に、障害者手帳を提出してもらうとメリットがあるからです。

障害者手帳を提出してもらうことの会社側のメリット

障害者手帳を提出してもらうことでの会社側のメリットには、大きく2つが挙げられます。

障害者雇用促進法の存在
障害者雇用促進法で、会社は規模に応じた一定数の障害者を雇用しなければいけない、というように決められています。

その一定数の雇用を下回ってしまっている場合、罰金的なものを国に納めなければなりません。

なので、従業員が障害者手帳を持っていると分かると、障害者雇用の証明のために障害者手帳の提出を求めてきます。

障害者を雇用すると助成金が受けられる
障害者雇用促進法とは逆に、障害者を雇用すると会社は助成金を受け取ることができます。

その額も数十万円から100万円以上にもなるので、会社が提出して欲しいと望むのも理解できるでしょう。


スポンサードリンク

障害者手帳を会社に提出する自分のメリットやデメリットはあるの?

障害者手帳を提出してもらうことで、会社にどんなメリットがあるのかはわかっていただけたと思います。

それでは、個人的にはどうなんでしょうか?

会社に障害者手帳を提出するメリット

1.年末調整で障害者控除が受けることができる
障害者手帳を持っていると、年末に会社に提出する年末調整で、障害者控除が受けられ、所得税控除となります。

この控除金額を元に、市県民税が計算されるので、翌年度の市県民税も控除されることになります。

2.障害が重くなった時に不利益を受けにくい
障害が重くなってしまって、仕事に影響がでてきてた場合にも、会社から憂慮してもらいやすく、これを理由に解雇されることはありません。

逆に伝えていない場合に、障害が原因で仕事がちゃんとできなくなったということで、配置転換や減給、最悪の場合は解雇などに繋がることはあります。

会社に障害者手帳を提出するデメリット

1.障害のことがばれる
一昔前に比べると、障害者への理解も進み、障害者だからと理不尽な不利益を受けることはなくなってきています。でも、やはり「障がいのことは知られたくない」と思う人は多いです。

個人情報のことが厳しく言われるようになり、きちんとした会社なら、障害者手帳を提出しても、他人に知られてしまう事はないでしょう。

でもいい加減な会社だと、周囲への配慮に無頓着なケースも考えられます。

2.障害者枠として扱われると
会社が従業員を雇用するときに障害者枠があります。

ただ、この枠で採用されると、一般よりもすごく給与が安かったり、正社員雇用はなく昇給もないということもありえます。

障害者手帳を会社に提出することのまとめ

障害者手帳の会社提出についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

確かに、障害者への偏見や差別的なものは、以前に比べるとだいぶん緩和されてきたでしょう。でも、個人的な人間関係や自分の気持ち的なもので、まだまだ人には知られたくないと思う人はたくさんいます。

障害をお持ちで悩んでらっしゃる方は、メリットもあればデメリットもあるので、自分はどうしたいんだろうと、しっかり考える機会にしてもらえると嬉しいです。

もし障害をお持ちではないけど、周りにそういう立場の方がおられる場合には「障害をお持ちの方の気持ちを配慮した関わりとはどういうものなのかを、考えるきっかけ」にして下さったらいいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください