夏になると、子供と一緒に潮干狩りに行ってみたいと思いますよね。
逆に子供の方から「潮干狩りに連れて行って!」と、リクエストされるかもしれませんね。

しかし、潮干狩りに連れて行くには、何歳頃からが適切なのか気になりませんか?

まず、潮干狩りに連れて行くのに「年齢制限」はありません。
ただし、あまりにも小さなうちに連れて行くと、子供が楽しめない可能性があります。

ですので、海辺で水遊びをさせる程度なら1歳からなら大丈夫です。
注意点としては、海辺でベビーカーを押すのは難しいので、必ずおんぶ紐や抱っこ紐を用意して行きましょう。

潮干狩りを楽しむならば、3歳になってから連れて行くのがオススメです。
3歳くらいならば砂遊びが楽しい時期ですし、貝をかざすのも宝探しのように楽しんでくれるはずですよ。

スポンサードリンク

1.潮干狩りで子供が使う道具って大人と同じでも大丈夫?

さて、潮干狩りに行くときには「道具の用意」が必要です。

  • バケツ
  • スコップ
  • 熊手
  • ざる
  • 軍手
  • 着替え
  • 日よけ帽子

基本的に子供用の装備は、この7つを揃えておけば問題ありません。
ただし子供が潮干狩りで使う道具は、子供用のものを用意するようにして下さいね。

なぜなら、大人用の道具は鉄製であったり重みがあったりして、小さな子供に持たせるには危険な場合があります。
子供用の道具はプラスチック製のものが多く、子供が持っていても安心ですね。

(1)潮干狩りの服装や持ち物! これがあれば便利!

では、潮干狩りの服装や持ち物の注意点についてご紹介していきますね。

まずは「潮干狩りの服装」についてです。
日焼けを予防する為に、長袖の上着を持っていきましょう。
海風で寒く感じることもありますし、念のため持って行くと安心です。

下はハーフパンツなど、しゃがんでも裾が濡れたり汚れたりしないものがオススメですね。

靴はビーチサンダルではなく

  • マリンシューズ
  • 長靴

など、水に濡れてもいい靴を履きましょう。

砂浜だからといって、靴を履かないで潮干狩りをする方も多いと思います。
しかし、貝のカケラで怪我をしてしまうのを防ぐ為にも、必ず靴を履くようにしてくださいね。

次に持ち物ですが、持って行くと便利なものをいくつかピックアップして紹介させていただきます。

★折りたたみの椅子
疲れた時や子供をあやす時、座りたいと思っても座る場所がない場合があります。

100円ショップでも折りたたみの椅子が売っていますし、一脚用意しておくことを強くおすすめします。(持っていかなかったときの、自分の体験より)

★ソリ
荷物の運搬はもちろん、荷物置き場として使えます。
さらには、お子さんが疲れて動きたくないと言った時も、このソリに乗せて引っぱることができるので安心です。

そんなときのために、ソリに引っかけて引っ張ることができる太めの紐を準備しておくといいですね。

★2Lのペットボトル
空のペットボトルに水を入れ、潮干狩りが終わった後手足を洗うのに使います。

帰る前に、空になったペットボトルに海水を入れておくと、砂抜きする時に使えますよ。


スポンサードリンク

2.潮干狩りで子供がまさかの迷子に!?そうならない為の対策とは?

潮干狩りに子供を連れて行くときに心配なのが、「子供が迷子になったらどうしよう」という事だと思います。

もちろん一番いいのは「ひとときたりとも目を離さないこと」ですが、潮干狩りをしながら子供を完璧に見るなんて難しいと思います。

ここでは子供の迷子対策について、いくつかアイディアを提案させていただきますね。

★目立つ色の帽子や服を着せる
蛍光色などの派手な帽子や服を用意し、人混みでも我が子を見つけやすくする作戦です。

潮干狩りをする砂場は、比較的「地味な色合いのもの」が多いので、結構効果的ですよ。

★迷子紐を活用する
迷子紐というのは、子供のリュックに紐がついたような形状をしたものです。

この紐の先を大人がにかけておくことにより、子供が遠くへ行ってしまうリスクを減らす事が出来ます。

★防犯ブザーを持たせる
防犯ブザーには、ブザー同士の距離が離れると、音や振動で知られてくれるタイプの物があります。

子供に片方を持たせ、大人がもう片方を持つことにより、子供が離れて行って迷子になるのを防ぐ事が出来ますね。

3.潮干狩は子供が何歳から楽しめる?のまとめ

一般的には、潮干狩りは3歳頃から楽しめると言われています。
ただし子供を連れて行く時には、スコップや熊手などは子供用の物を用意してあげましょう。

潮干狩りで心配なのが、子供が迷子になってしまう事だと思います。

  • 目立つ色の帽子や服を着せる
  • 迷子紐を活用する
  • 防犯ブザーを持たせる

これらの対策を取り、子供が迷子にならないように注意しましょう。

しっかりと準備をして、お子さんと一緒に思いっきり潮干狩りを楽しんできてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください