オーブンレンジのメリットデメリットは?今のあなたに本当に必要なのは?

この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク

ひとり暮らしを始めるにあたって、必要となってくる家電も多いですよね。

実家にはなかったけど、自分一人の暮らしにはほしいなあと思うものもあるのではないでしょうか?

また、あわただしい新生活では自炊よりもお惣菜を買うときもあるはずです。

そんなときにかかせない「電子レンジ」ですが、調べたら色々な種類がありそうな予感。

ここでは「オーブンレンジ」を「電子レンジ」や「オーブン」、「トースター」と並べて詳しくご紹介します!

スポンサードリンク

オーブンレンジの特徴

オーブンレンジにはどんな特徴があるんでしょうか?

メリットとデメリットにわけてみていきましょう。

オーブンレンジのメリット

まずは「オーブンレンジのメリット」について、詳しく見ていきましょう。

オーブンレンジのメリット①「温め」のほか「焼く」ことができる

オーブンレンジは買ってきたお惣菜や冷凍保存していた食品を温められるほか、外側から焼いていく料理にも使用することができます。

「焼く」工程が増えることによって料理のレパートリーも大幅にアップしますね!

たとえば、パン、ローストチキン、グラタンなどですね。

オーブンレンジのメリット②キッチンをコンパクトにできる

オーブンレンジは、1つの機械で

  • オーブンの機能
  • 電子レンジ
の両方が機能もついています。

そのため、キッチンに2台同時に置かずに1台だけで済ませられちゃうんです!

都会だとどうしても部屋が狭くなりがちなので、まとめてしまったほうが楽なことも多いですよね。

オーブンレンジのデメリット

引き続いて「オーブンレンジのデメリット」についても見ていきましょう。

オーブンレンジのデメリット①高価なものが多い

2つの機能が1つの機械に搭載されているため、どうしてもお値段が高くなってしまいます。

場合によっては、オーブンと電子レンジを分けて買った方が懐にやさしい場合も。

キッチンスペースや、使う頻度を考えて購入するといいですね。

オーブンレンジのデメリット②どちらかしか使わない場合も

電子レンジが

  • コンビニ食品やスーパーのお惣菜を温める
  • 冷凍食品の調理
といったことによく使われるのに対して、オーブンは
  • お菓子作り
  • ローストチキン
などといった、ホームパーティー用の料理への使用が多いです。

またごはんは、電子レンジでの温めで解凍できますが、パンはトースター機能が必要となるでしょう。

あなたの食生活を振り返ってみて偏りがあれば、片方に重点をおいて探すことで「無用な出費」が抑えられますね。

オーブンレンジで回るタイプのものってどうなの?

オーブンレンジにも、回るタイプと回らないタイプのものがありますよね?

私の実家は、以前回るタイプを使っていましたが、今では回らない(お皿がない)タイプです。

「回るタイプのもの」にはどのような特徴があるのか、こちらもメリットとデメリットをご紹介します!

回るタイプのオーブンレンジのメリット

ではまず、回るタイプのオーブンレンジにはどんなメリットがあるのでしょう?

回るタイプのオーブンレンジのメリット①安価なものが多い

お皿が回るタイプのオーブンレンジは、基本的に価格が安いものが多いです。

電子レンジで温める場合には、ムラなく均一に電波を当てる必要がありますよね。

食品を回さなくてもできるレンジ(高価格帯)と、食品を回すことで均一になるレンジ(低価格帯)という違いがあります。

回るタイプのオーブンレンジのデメリット

では次に「回るタイプのオーブンレンジのデメリット」についても見ていきましょう。

回るタイプのオーブンレンジのデメリット①容量が小さい

回るタイプを使うと、食品を置くときにはどうしても「お皿に乗るかどうか」を気にする必要が出てきます。

電子レンジの体積に比べて、お皿が小さいこともあるので要注意です!

がっつり食べたいお弁当を買ってきても「レンジに入らなかったから、冷たいまま食べるしかなかった…」なんてことも。

回るタイプのオーブンレンジのデメリット②掃除が面倒

お皿があることによって、掃除が格段にしづらくなります。

「オーブンレンジは、温めたり焼いたりするだけだから、そうそう汚れないでしょ?」と思いきや。

食品の脂やカスが散らばることもあり、あなたの思っている以上に汚れるんです。

なので、定期的にお掃除する必要はあるのですが、そのときにお皿があるとかなり邪魔になってしまうんですよね。


スポンサードリンク

オーブンレンジとトースターの違い!今どきはトースターでもいろいろできる!?

電子レンジは「温め」、オーブンは「焼く」という機能の違いがあります。

そして、それを合わせたのがオーブンレンジ、ということがわかりましたね。

では、オーブンレンジとトースターはどう違うのでしょうか?

トースターというと「パンを焼く」だけかと思いがちですが、実はいろいろできちゃう優れモノでもあるんです!

オーブンレンジとトースターの違いは?

オーブンレンジでは「温め」ができますが、トースターは基本的には「焼く」ことを前提としています。

ただ、冷凍ご飯を解凍するならオーブンレンジですが、総菜パンを温めるならトースターが良いです。

電子レンジの「温め」をパンに使うと、あのふっくら感がなくなりしおしおとしたおいしくない食感に。

パン食を中心としている人にとってはトースターがより便利なものになってきます。

今どきのオーブントースター!その多彩な機能に注目!

とはいえ、「パンだけっていうのはちょっと…」という人もいるはずです。

しかし、最近のトースターは「調理モード」を選ぶだけで、様々な食材やメニューに合う温度や焼き時間を自動調節してくれる高機能なものがあるんです!

トーストだけでなく、

  • お餅を焼いたり
  • ほっくほくの焼きいもを作れたり
  • お惣菜の揚げ物もサクサクに温めなおしができちゃう
なんていうものまであるんですね。

日々進化する家電と、自分の好みやニーズに合わせて選ぶことが大切ですね。
高機能オーブントースター「アラジン」の詳細を見てみる

オーブンレンジの良し悪しまとめ

オーブンレンジは、

  • 「オーブン」+「電子レンジ」
  • スペースの有効活用
ができる優れモノ!

ただし、ライフスタイルは個人個人で違います。

そのため、どんなキッチンにしたいのか、何が食べたいのか、使うものはどれなのか、ということを考えて購入してくださいね!

スポンサードリンク

コメント