社内恋愛での結婚は離婚率が高いって本当?!回避する方法は?

この記事は約4分で読めます。

社内恋愛の末、結婚。

その後、あなたは今の職場で働き続ける予定でしょうか?

よく「社内恋愛で結婚すると、離婚しやすくなる」と言われていますよね。

あの噂は、実は本当なんです。

もっと詳しく説明すると、社内恋愛を経て結婚してそのまま夫婦で同じ職場にいると、離婚率が上昇すると言われているんです。

では、なぜ結婚した後も同じ職場で働き続けると、離婚しやすくなるのでしょうか?

今回は、社内恋愛における離婚率について、詳しく見ていきたいと思います。

そしてもちろん「離婚を回避する方法」も合わせてご紹介しますので、安心してくださいね!

スポンサードリンク

社内結婚で離婚しない為には退職した方がいいって本当?

まずはなぜ、社内恋愛を経て結婚した夫婦が同じ職場にいると離婚しやすくなるのか、その理由について見ていきましょう。

(1)職場恋愛を経て結婚した夫婦が、離婚してしまう理由

①四六時中一緒にいて、嫌気がさしてしまう
愛する人とはいつも一緒にいたいと思うものですが、時として距離を置きたい日もありますよね。

しかし家でも職場でも顔を合わせる事になると、距離を置きたくても置けなくなってしまいます。

やがてお互いに嫌気がさしてしまい、離婚という選択肢が出てきてしまうのです。

②パートナーへの陰口や注意を聞いてしまう
結婚した後も同じ職場で仕事をしていると、
  • 気に入らない人の陰口を言っている場面
  • 誰かが怒られたり注意を受けたりする場面
に遭遇する事もありますよね。

あなたのパートナーが陰口を言われる可能性がありますし、職員の前で叱られる姿を見てしまうかもしれません。

そのような事態に遭遇して、愛が冷めてしまったという事例が、実はかなり多いんです。

③周囲から目の敵にされる可能性も
社内恋愛で結婚するという事は、全ての職員が諸手を挙げて祝福してくれるとは限りません。

ましてや同じ職場で、夫婦で働くなどもってのほかという考えの人も多いのです。

嫌がらせやいじめにあい、それが原因で夫婦仲がこじれて離婚、という事にもなりかねません。

(2)社内恋愛で結婚したら退職すべき?

では、社内恋愛で結婚した場合、どちらかが退職しなくてはいけないのでしょうか?

離婚のリスクをなるだけ減らしたいと思うならば退職すべきですが、退職しなくても仕事を続けていく方法はあります。

例えば人事に掛け合って、どちらかが部署異動を行うのです。

部署が違えば顔を合わせる事も少なくなりますし、周りの顰蹙を買いにくくなるはずです。

また、2人とも正社員で働いているのであれば、どちらかが時短勤務が可能なパートタイマーとして働くという選択肢もあります。

お互いにしっかり話し合い、今後どのようにすべきかを早急に決めておきましょう。


スポンサードリンク

社内恋愛の末の結婚で離婚にならないためにできること4選

最後に、今の職場でそのまま働きたいという夫婦に向けたお話です。

そのまま働くとなると、今まで通り気を使わず働く事は難しくなります。

離婚を回避し周囲の方々に迷惑をかけないよう、以下の点に注意して働くようにしましょう!

(1)必要以上にベタベタしない

まずは職場では同僚、あるいは上司や部下としての自覚をしっかり持ちましょう。

結婚前のような接し方を心がけるのがポイントです。

(2)家庭の話を持ち込まない

職場は仕事をする場所であるので、家庭の話を持ち込まないのがルールです。

どうしても家庭の話をしたい時は、メールやSNS等を使い、周りの方に聞かれないようにしましょう。

(3)家庭で仕事の話を持ち込まない

逆に、家庭に仕事の話を必要以上に持ち込むのもNGです。

家庭は家庭、仕事は仕事ときちんと線引きをし、切り替えを行うようにしましょう。

(4)異性の職員と必要以上に仲良くしない

夫婦にもよると思いますが、パートナーが自分以外の異性と仲良くしている姿は、出来れば見たくないはずです。

なので職場では、「異性と仲良くしない」ということを意識するぐらいがちょうどいいと思いますよ。

社内恋愛の末の結婚での離婚率は?のまとめ

社内恋愛を経て結婚した夫婦は、同じ職場にいると離婚しやすくなるのは本当です。

ですが、働き方を変えたりお互いに気をつけたり事によって、離婚は回避できると思います。

お互いに仕事も家庭も妥協しない、素敵なご夫婦になるといいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント