年賀状を書き損じたとき!上手にわからないような修正方法はコレ!

年賀状は大事な年始のご挨拶状。
1枚1枚心を込めて書きたいですよね。
しかし、

  • 同じような文章を何度も書いたり
  • 枚数も多くなって疲れてきたら
ついついうっかり「書き間違える」ということもあります。
そんなとき、あなたはどうしていますか?

そこで今回は、「年賀状を書き損じてしまったときの上手な修正方法」についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

年賀状の書き損じに修正液はNG?失敗がわからないおすすめの修正方法

まず、書き損じてしまった年賀状のお相手が、

  • 目上の方
  • 取引先の方
であれば、修正液は絶対にNGです。
失敗が全くわからない修正方法は、残念ながらありません。
「お相手の名前を間違えた」といった場合はなおさらです。
そのため、目上の方や取引先の方の分を書き損じてしまった場合は「新しい年賀状に書き直す以外ない」と思ってください。

でもやっぱり親しい人へも修正液は失礼!

親しい友人の場合でも、宛名を書き損じてしまったら場合、修正液は失礼だと思います。
住所についてはその相手の方との関係性によりますので、気を遣わない人であれば「失敗も愛嬌のうち」ととってもらえるはず。
なので1文字2文字ぐらいであれば、修正液を使っても大丈夫かもしれませんね。
しかし、失礼かどうか迷うのであれば、潔く新しい年賀状に書き直した方が無難だと思いますよ。

どうしても心配なときには!

修正方法ではないですが、ちょっと集中力が切れてきて「書き間違えそうだな…」と不安に思ったときには、「消せるボールペン」を使って書いて対策しても良いですね。
ただ、消すときにゴシゴシしすぎて表面が汚くなってしまう場合があるので、注意深く消してくださいね。
汚くなってしまった場合は、潔く新しいものに書き直すことをオススメします。

年賀状は失敗しても無駄にはならない

ちなみに、郵便局では1枚5円の手数料を払えば書き損じた年賀状を新しいものと交換してくれます。
年賀状の販売期間内であれば、同じ年賀状と交換してもらえます。
販売期間を過ぎてしまうとその年の年賀状とは交換できませんが、一般的なハガキや切手に交換してもらえます。
年賀状は使用済みも交換してもらえる?書き損じや未使用ってわかるの?」に詳しく書いていますので、気になる方は参考にして、みてくださいね。

書き損じてしまった年賀状のお年玉抽選くじの当落が気になるようであれば、ちょっと悔しいですが、とりあえず新しい年賀状を購入して投函してください。
そして、当選番号発表後に書き損じ分の当落をチェックした上で、一般的なハガキや切手に交換してもうといいと思います。


スポンサードリンク

年賀状のひとことメッセージを失敗!文字をごまかすのも失礼なの?

私は年賀状の宛名面は、全て印刷しています。
なので、印刷の向きを間違えない限り、宛名面を書き損じることはないのですが、裏面のひとことメッセージは書き間違えることが割とあります。

そういった「ひとことメッセージ」を間違ったとき。
お相手が気を遣わない友人で、普通のお手紙と同じような感覚でやりとりできる相手なら、修正液などで修正しても問題ないと思います。
その他にも

  • 新年っぽいシールをはってごまかしたり
  • 絵を上から描いたり
といった対応(ごまかし?笑)をする人もいますよね。

一昔前に流行った「毛虫」のように、くちゅくちゅっと塗りつぶす人もいます。
修正された文字がある年賀状が、友人から送られてくることもありました。
でも私は特に嫌な気持ちにはなったことがありません。
大事なのは、「自分がその年賀状を見て、嫌な気持ちにならないかどうか」です。
自分がもらって嫌な気持ちになりそうなら、新しいものに書き直しましょう。

問題は、目上の方や取引先の方などに対するもの。
ビジネスの世界においては、年賀状の書き方やマナーひとつで、イメージが良くも悪くもなってしまいます。
そのため、修正液などで修正すると失礼なので、新しいものに書き直すようにしましょう。

年賀状を書き損じたとき!のまとめ

年賀状を書き損じてしまったとき、どうするかについてお伝えしてきました。

  • 相手が誰であっても、宛名を書き損じてしまった場合は、新しいものに書き直しましょう。修正液はNGです。
  • 目上の方や取引先の方に対するひとことメッセージを書き損じた場合、新しいものに書き直すのがベターです。
  • 友人であれば、修正液等での修正でも愛嬌のうち。自分がされて嫌でないと思うのであれば良いでしょう。
  • 書き損じ対策として、消せるボールペンもあります。
年の瀬にあれこれとやることがありますが、お相手のことを思い浮かべながらあなたらしい素敵な年賀状を書いてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント