マテ貝の飼育方法!にょきっと出てくる姿はくせになる!?

スポンサードリンク

子供にお願いされて連れて行った潮干狩り。

最初はそんなに興味がなかったけれど、やってみると案外楽しい!

特に、このマテ貝が飛び出てくる姿がかわいい…!

「どうにかして飼えないかな…」と思っても、マテ貝の飼い方なんてあるのかしら?

そんな疑問にお答えします!

スポンサードリンク

マテ貝の餌って何をあげればいいのか全く不明…。

マテ貝の生態

そもそも「穴に塩をふると、飛び出てくる」といったことくらいしかしらない。

そんなマテ貝の生態って、どのようなものなのでしょう?

マテ貝は海水生で

  • 北海道中南部から中国大陸
  • 瀬戸内海
  • 三河湾
  • 東京湾
と大きな内湾の干潟や、浅い泥の中に潜って生活しています。

満潮時には、穴から顔を出して海水中の養分を摂ったり、酸素を循環させたりしていると考えられます。

干潮時にも塩をふると出てくるというのは、マテ貝が塩分濃度の変化を感じ取り、満潮になったと勘違いするので飛び出てくるんですね。

マテ貝の餌

肝心のマテ貝の餌ですが、どういったものがあるのでしょうか?

実はマテ貝など二枚貝の生態は、あまりよくわかっていないのが現状です。

せっかくきれいな海水や砂、水草などを用意していても、二枚貝を餓死で死なせてしまう人も多いんだとか。

二枚貝の餌となるものとして確定しているのは、植物プランクトン!

マテ貝などは、微小なプランクトンを海水と一緒に飲み込んで、海水を吐き出し必要な栄養素を摂取しているのです。

植物プランクトンの中でも代表格なのは「クロレラ」という非常に小さな藻類の一種です。

こういったものは、通販で手に入れることができます。

もしご自宅のそばにメダカなどを販売しているお店があれば、そこでも売られているかもしれませんね。

クロレラを与えるにはクロレラを水にいれた後、スポイトなどで適量を与えてあげる必要があります。

植物プランクトンも呼吸をするので、多く入れすぎると酸欠となってしまいますので注意が必要です。
★【マテ貝の餌に最適!クロレラ】を楽天市場で見てみる


スポンサードリンク

マテ貝の寿命はどれくらい?上手に飼育すればどれくらい生きるものなの?

先ほども述べた通り、マテ貝を含め二枚貝の生態はあまりわかっていません。

中には本当に長寿な貝もいて、200年という長い時を生きられるものもあるとか。

しかし、かなり慎重に飼育しないと1週間どころか3日ももたないことも…!

(1)マテ貝の上手な飼育方法

1)環境を整える
■水槽
下述の砂や水草を入れることなどを考えても、60cmほどの高さがあると安心です。

■砂
マテ貝は数10cm~1mほどの深さに住んでいるので、最低でも30cmほどの砂地を用意すると良いでしょう。

■水草
新鮮な酸素を供給し続けること、水質を整えることを考えて水草を入れておきましょう。

■酸素ポンプ
水草から供給される酸素量では、海水中で常に供給される新鮮な酸素には及びません。

費用はかさみますが、長らく飼育するとなると酸素ポンプは必要です。

2)良好な環境を維持する
■温度変化
二枚貝は環境の変化、とくに温度の上昇にとても弱いです。

そのため、20℃を超えず温度の変化もなるべく少ないところで飼育しましょう。

■水質管理
新鮮な酸素を常に送り続けるために酸素ポンプが重要なのはもちろん、毎日の水替えもする必要があります。

砂などもあるため大変ですが、餌をあげることが酸素不足につながったり水の汚れの増加をひきおこしたりします。

また、これだけ厳密な管理をしていても死んでしまう貝が出てきます。

そのようなときにはすぐに死骸を取り出して水を交換するようにしましょう。

これらの条件をすべてクリアしても、「1ヶ月もつかどうか…」というところです。

二枚貝に関してはわかっていることがとても少ないので、手探りで飼育方法を見付けていくことになるかもしれませんね。

マテ貝の飼育方法のまとめ

マテ貝の飼育方法について見てきましたが、いかかでしたか?

にょきっと飛び出す姿が可愛いマテ貝ですが、マテ貝は飼育が困難であること、をきちんと理解しておきましょう。

特に餌や酸素がマテ貝に行き渡るようにするために、色々な処置を施す必要があります。

「それでもやっぱりマテ貝を飼ってみたい!」という方は、ぜひご紹介したポイントに注意しながらトライしてみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント