職場の雰囲気を良くする人の特徴は?自分を守るための雰囲気作り

この記事は約4分で読めます。

あなたの職場の雰囲気、居心地はいいですか?
誰かひとり空気が読めない人がいると、職場全体が嫌な雰囲気になりますよね。
また、そんな空間だと、うまくいく仕事もうまくいきません。

できれば、そんな嫌な空気をつくっている人に負けないくらいの、職場の雰囲気をよくする力を持っていたいものですよね。
あなた自身を守るためにも、「職場を居心地のいいものにするために、自分にできることがないか?」ということについて、考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

職場の雰囲気を良くする人にはどんな特徴がある?

職場で「あの人がいると雰囲気が明るくなる」という人はいませんか?
その人の立ち振る舞いを思い返してみてください。
職場を明るくしてくれる人は、「いつも笑顔で挨拶ができる人」です。
これって、本当はとっても簡単なことで、誰にだってできることなんですよね。

でも仕事が忙しかったり、うまくいっていなかったりすると、ついしかめっ面になってしまったり、周りが見えずに空気が読めないときがあります。
こういうときって、本人に悪気はない場合もありますよね。
いくら仕事に一生懸命でも、そんな雰囲気の人の周りに、誰も近寄りたいとは思いませんよね。
「自分も嫌な人になっていないか」ということをこれを機に振り返ってみてください。

また、「意見がちゃんと言えること」も大事です。
仕事は一人でするものではありません。
一人で抱えている案件はあるかもしれませんが、最初から最後まで黙々と一人で作業するわけではないはずです。

会社という組織に属している以上、まわりの人と協力することが欠かせません。
自分の意見をきちんと持ち、それを伝えられる「協調性」のある人が職場の雰囲気をよくしてくれる人なんですよね。


スポンサードリンク

気持ちよく仕事をするための職場の雰囲気作りのポイント

意見交換が大事だと言っても、


  • 新入社員であったり
  • 先輩が多かったり

といったときには、なかなか自分の意見を言うことが難しい立場の人もいると思います。
でしたら、まずは「笑顔」と「挨拶」。
この2つだけでも意識してみてください。

(1)笑顔とあいさつ

「おはようございます!」
「お疲れさまでした!」

これは一日の中で必ず言いますよね。
元気に笑顔で言うようにしましょう。
このとき、必ず相手の目を見て言うようにしてください。

笑顔は伝染していくものです。
あなたから、気持ちのいい雰囲気を作ってくださいね。

(2)コミュニケーションを取る

普段、仕事の話だけになっていませんか?
社員同士がお互いのことを全然知らないと、雰囲気はあまりよくないでしょう。

ただこのとき、「仕事とプライベートを完全に分ける」と考える人もいるので、、ずかずかと何でも聞いたらいいというわけではありませんが
できたら「明日の休み何するんですか?」などと、気軽に聞ける関係になれると雰囲気はよくなります。
そのためには、普段から挨拶やコミュニケーションを取ることが大事です。

例に出したように、週末の予定を聞くのが無理でも「そのネクタイの色いいですね」などと声をかけるだけでも、徐々に関係はよくなっていくでしょう。

私の場合、昔の職場で苦手な人がいたのですが、「この人の何が苦手なんだろう?」とふと考えたときに、具体的に何も思いつかなかったのです。
その人を「他人」としか認識しておらず、よく知ろうとしていなかったんですよね。

特段意味もなく「苦手な人」と決めつけるのもおかしな話なので、、勇気を出してプライベートの話をしてみました。
そうすると、思ってもみなかった共通点があり、関係がよくなったことを覚えています。
せっかく一緒に働いている仲間なので、お互いのことを知り合って気持ちよく働けるといいですよね。

(3)感謝の気持ちを伝える

「ありがとう」の飛び交う職場で、雰囲気が悪いところは想像できませんね。
はじめと終わりの挨拶だけでなく「ありがとうございます!」と、感謝の気持ちを伝えることも意識してください。

職場の雰囲気を良くする人の特徴は?のまとめ

職場の雰囲気をよくするためには、少しの心がけがあるだけで大丈夫です。


  • 笑顔で挨拶をし
  • 普段からコミュニケーション取り

これだけのことで、職場の雰囲気は必ず変わります。
とっても基本的なことですが、ぜひ明日から意識してみてくださいね。
あなたが職場の雰囲気を変えるきっかけに、ぜひなってくれることを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント