有休申請の理由の書き方!旅行に行くときそのまま正直に書くもの?

この記事は約5分で読めます。

日本で働く労働者の大切な権利である“有給休暇”。
みなさんはちゃんと取得できていますか?
有給休暇を取得するとき、申請の理由に悩んでしまいますよね(;^_^A

理由がある場合は問題ありませんが、旅行やプライベートな事情で有休を取得する場合は、その理由を正直に書いていいものか迷う方も多いのではないでしょうか?
でもみなさん、どんな理由で有給休暇を取得しているのでしょうか?

今回は、そんな有給休暇を使って旅行などに行くとき、申請書の理由をどうすればいいか?ということについて、詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

有休休暇を取って旅行に行くとき!申請書の理由の書き方の例文!

有給休暇の取得について、本来であれば理由は必要ありません。
有給休暇の取得は、一定の期間働いた労働者の正当な権利です。
なので、たとえ旅行やプライベートな理由であったとしても、本来は『私用のため』と書けばそれで問題ありません。
しかし、中には、細かい理由を明記しないと申請が却下されてしまう所もあるのが実態のようです(><)

有給休暇をつかって旅行に行くときの申請はどうする?

では、有給休暇をつかって旅行に行く場合、どのように申請すれば良いのでしょうか?
答えは、『下手な嘘はつかずに正直な理由を書くべし』です!

上記に書いた通り、有給休暇は労働者の権利です。
会社側としては、それを拒否することができないものですので、無理に嘘をつかずに、正直な理由を言って申請しましょう。
もしかしたら、会社側としても、明確な理由がなく休みたいと言っていることを心配して詳細を聞いてくるかもしれません。
可能な限り、正直に理由を書いたほうが賢明ですね。

例文としては、


  • 家族旅行の為有給休暇を申請いたします
  • リフレッシュの為有給休暇を申請いたします

旅行と明記したくない場合は、リフレッシュという言葉を使うのがオススメです。
旅行に行って気持ちをリフレッシュしに行くわけですから、なにも嘘はついていません。

このとき気を付けたいのが、海外旅行に行く際の申請です。
海外旅行の場合、万が一連絡がつかなくなってしまう場合があります。
嘘の理由で申請をしていると、緊急の場合に連絡がとれず、会社に迷惑をかけてしまう場合があります。
そのようなことを防ぐためにも、特に海外に行く場合は、有休期間中のスケジュールをちゃんと会社に伝えておきましょう。

また、有給取得中に仕事でトラブルがあった際に連絡がつくように、緊急の連絡先を明記しておくのを忘れずにおこなってくださいね。


スポンサードリンク

有休を取るときの理由が私用だったら!上司にはそのまま伝えても大丈夫?

有給休暇を取る際、申請書の提出はもちろんですが、上司に伝える時が緊張してしまう方も多いのではないでしょうか?
特に、有休をとる理由がプライベートなものな場合、さらに言いづらくなってしまいます。

しかし、上記でも記述した通り、細かい理由は伝える必要はありません。
有給取得を上司に伝える場合、『私用のため有休を申請します』で問題ありません。
もしも細かい理由を聞かれた場合は、申請をする時と同じく、嘘をつかずに話をしましょう。
万が一、それで却下されてしまう場合は、その会社はブラック確定です(笑)

有給を取得しやすくするにはどうすればいい?

有給休暇を取得する場合、理由はなんであれ取得のタイミングがポイントになります。
取得しやすいようにしておけば、私用での有給取得も言いやすくなりますよね。


★早い段階で申請の意思をつたえる
会社側としても、突然休みを言われるよりも、少し前にその意思を伝えられていたほうが、業務などもスムーズに進みます。
申請の予定が決まっているときは、早い段階でその意思を伝えておきましょう。

★繁忙期をさける
これは、なにも言わなくてもやめておいた方が賢明です。
比較的有給取得をしやすい会社だったとしても、繁忙期でまわりが忙しい場合は、有給取得を却下されてしまう可能性が高いです。
繁忙期はさけて、比較的仕事が落ち着いている時に休むようにしましょう。

★周りの社員に伝えておく
これは、自分が有給で休んでいる間の仕事の引継ぎの件もありますが、さりげなく「休むからお願いね」と一声かけておくだけで有休の取得がしやすくなります。
また、有休明けにも、「ありがとう」とお礼の言葉を伝えることを忘れずにしましょう。
そうすることで、次回の有給休暇も取りやすくなりますよ。

旅行などを理由に有休申請取得するときの理由の書き方!のまとめ

いかがでしたでしょうか?

有給休暇は労働者の権利と頭ではわかっているのですが、中々休みづらいのも実情です。
でも、最近では“ハラスメント”全体に注目が集まっているので、一昔前よりも有給取得はしやすくなったかもしれません。

ちなみに、我が家の主人は「無駄に働くの大嫌い!」というタイプなので、有給は完璧に消化しています。
中々皆さんが同じように休むことは難しいかもしれませんが、せっかくの権利ですので上手に利用して、しっかりリフレッシュしてくださいね(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント