社内恋愛をしていて、ちょっとしたすれ違いで別れてしまった、なんて事はありますよね。
相手の事がまだ好きで未練があるならば、出来る事なら復縁したいと思いませんか?

そこで、社内恋愛での復縁の可能性について見ていきましょう。

まず「社内恋愛で復縁した」という話は、実はそこまで少なくないと言われています。
なぜかというと、別れてからも顔を合わせる機会が多く、自分の良さをアピールするチャンスが多いからなのです。

しかし、やっぱり相手があなたに対して未練がなければ、復縁の可能性は低くなってしまいます。
まずは相手の気持ちを知る為、相手の態度をつぶさに観察してみましょう。

■バッチリ目が合う事が多い
仕事をしていてバッチリ目が合う事が多いならば、復縁の可能性はあります。

相手もあなたに未練や興味が残っていて、やり直したいと思っている可能性は高いです。

■話しかけてくる頻度が高い
仕事の話に限らず、頻繁に雑談をしてくる場合は脈アリの場合が多いです。

これは、あなたと接点を持つために話しかけているのです。

■異性と話していると不機嫌になる
あなたが異性と話していると、なんだか相手の機嫌が悪くなってはいませんか?

「取られてしまったらどうしよう」という焦り故に、機嫌が悪くなっている可能性があるのです。

以上、3つのチェックポイントを元に、相手があなたに未練があるかどうか確かめてみましょう。

ただし、上記のチェックポイントが1つも当てはまらないからと、復縁は無理だと諦めるのはまだ早いです!
後述する復縁のきっかけづくりをしっかり行うと、復縁できる可能性は高くなります。

大事なのは諦めない心です。一緒に頑張っていきましょうね。

スポンサードリンク

社内恋愛での復縁にはどれくらいの期間を置くべき?

社内恋愛で復縁を狙うあまり、急いできっかけづくりをしなくてはと焦る方も多いと思います。

しかし、まずはお互いに距離を置いて冷却期間を置くのが大事です。

期間を置くのは何故?今すぐ復縁したいあなたこそ必要です!

些細なすれ違いやケンカによって別れた場合、一度自分の心を整理する必要があるからです。
冷却期間中に、お互いに

  • ここは自分が悪かったな
  • あの人のここは素敵だった

と、反省点や相手の良さを確認するのです。

ただし、冷却期間を置かずに復縁に向かって動き出すと、過去の失敗を繰り返してしまう可能性があります。

その上相手も気持ちの整理ができておらず、「もう少し待ってほしい」と避けられてしまいます。
そうなってしまうと、復縁のチャンスがなくなってしまう恐れもあるのです。

冷却期間はいつまで?目安はあるの?

冷却期間に必要な時間は、人によって違います。
ただし、冷却期間を終わらせてもいいと思う目安としては、以下の通りです。

  • 相手と普通に会話が出来る
  • 相手から話しかけてもらえる
  • プライベートの話も出来る

要は付き合いを始める前の付き合い方に戻れば、冷却期間は終わらせてもいいと言えるでしょう。


スポンサードリンク

社内恋愛の復縁へのきっかけ作り!成功するためのポイントは?

さて、しっかり冷却期間を置いた後は、復縁のきっかけづくりに取り組みましょう。

復縁のきっかけとして一番有効なのが、「同じ仕事を任された時」です。
同じ仕事を任されれば会話も多くなりますし、仕事に積極的に取り組むあなたの姿をアピールする事も可能です。

また、「どちらかが異動・退職」する場合も復縁のきっかけとなります。
「いなくなって初めてわかる大切さ」とはよく聞きますが、社内恋愛の復縁に対しても同様の事が言えます。

ただしここで気をつけないのは、復縁を無理に迫らず、焦らずに行動する事です。
相手にあなたのギラギラした気持ちを悟られてしまっては、相手に距離を取られてしまう可能性が高いです。

きっかけが来たからと焦らず、あくまで自然体のあなたで接する事が一番大事ですよ。

社内恋愛で振られたとき 復縁のまとめ

社内恋愛は、復縁する可能性は少なくありません。
社内で顔を合わせる事が多く、あなたの良さをアピール出来るチャンスに恵まれているからです。

しかし復縁に動く前に、必ず冷却期間を置くようにしましょう。

  • 相手と普通に会話が出来る
  • 相手から話しかけてもらえる
  • プライベートの話も出来る

相手と上記のような状況になったら、復縁のきっかけづくりに取り組みましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<お仕事や会社のお役立ち情報>
お仕事や会社のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください